2019.11.17

 11月17日(日)大阪・ハートンホール日本生命御堂筋ビルにて「K-1 KRUSH FIGHT.108」の一夜明け会見が行われた。

 3月に木村“フィリップ”ミノルに敗れて以来の再起戦で藤村大輔から勝利を収めた和島大海。試合では得意の左の蹴りで終始藤村を圧倒し、3Rにはスタンディングダウンも奪って完全復活を印象付けた。

 自身も「自分の一番自信のある左ミドルが凄い調子良くて、左ミドルを中心に試合を組み立てれた」と復活の手応えを感じたようで、来週のK-1横浜大会で行われる城戸vs神保の一戦についても「神保選手には2回勝ってるんで、何回やってもまた倒してやります。城戸選手にもしっかりKOで勝って世代交代をしていきたいと思ってるんで、二人とも絶対倒したい」とスーパー・ウェルター級日本人最強の地位を確立すると自信に満ち溢れていた。

「昨日の試合はとりあえず判定ですけど、何とか勝てて良かったです。怪我がなかったんでまたすぐ練習出来るのも良かったと思います(笑)。(KO勝利記録は途絶えたものの以前より圧倒的なパフォーマンスに映ったが?)KOは出来なかったんですけど、自分のやりたかったこととか、自分の一番自信のある左ミドルが凄い調子良くて、左ミドルを中心に試合を組み立てられたのは良かったなと思います。

(試合後は「みんなのおかげで戻ってこれた」と発言していたが、連敗の後はその支えがなければ心が折れていたかもしれない?)そうですね。特に木村選手の時は初めてのKO負けと怪我もしてしまって、引退も考えたんですけど、周りの人が凄い応援してくれてもう1度やってみようと思えました。それでまたKRUSHのリングに帰ってこれて本当に良かったなと思ってます。

(昨日の試合で和島がスーパー・ウェルター級の日本人最強だと感じたファンも多いと思うが、来週K-1で戦う城戸と神保より上だという自信はある?)神保選手には2回勝ってるんで、何回やってもまた倒してやろうと思ってます。もし城戸選手とやることになっても、しっかりKOで勝って世代交代をしていきたいと思ってるんで、二人とも絶対倒したいと思ってます。(2人の試合の予想は?)難しいですね(苦笑)。城戸選手は距離取るの凄い上手い印象があるんで、神保選手が中に入る試合に持ち込めたら神保選手にも勝ち目があるんじゃないかなと思います。

(椿原が試合前にプレッシャーをかけたと語っていたが、先輩としての威厳は示せた?)多分僕を先輩だと思ってないんで(笑)。後輩2人、今回も髪の毛を赤に染めてきて、それを言ってくれなくていつも仲間外れにされてるんで(笑)。まあそれは試合は派手なこと出来ないんで髪の毛だけでもってことだと思います(笑)。僕はその分派手な試合したろうかなって思って試合に臨みました。

(試合後にはKRUSHのベルトを目標に掲げていたが、空位になっているK-1のベルトについては?)もちろん世界のベルトは意識してますし、獲りたいんですけど、ピケオー選手に負けてるんでまずリベンジもしたいですし、KRUSHのベルト獲りたいなと思ってます(もしトーナメントが開催されて出場することになれば強豪外国人を呼んでほしい?)出来れば強そうな外国人を…(見た目が)強そうな(笑)。強い選手と戦えることは凄い嬉しいことなんで、アラゾフ選手みたいな強豪と戦えるようにしっかり練習はして行きたいと思います。

(ファンの皆さんへメッセージは?)昨日は応援ありがとうございました。KOの記録は途切れてしまったんですけど、またどんどん倒していけるようにしっかり練習していきます。応援よろしくお願いします」

 

選手登録