2019.11.06

 11月6日(水)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて記者会見が行われ、12月15日(日)東京・後楽園ホール「K-1 KRUSH FIGHT.109」の第二弾対戦カードが発表された。

 元スーパー・フェザー級王者の島野浩太朗がKRUSH復帰を果たす。もちろん狙うは頂点の座だ。対するはSATORU成合。KRUSH、KHAOSでのキャリアは3戦だが全勝、しかも判定決着なしと抜群のインパクトを残している。元王者との対戦は大チャンスだ。

 タイトルを奪われた3月の試合はキャリアの中で一番悔しかったという島野。しかし「いろんな気持ちと向き合う中で、最後に残ったのは格闘技が好きという気持ちと、このリングで一番になりたいという想いでした」と語り、あらためて上を目指す気持ちを強調した。KRUSHのリングから離れている時間、自分の強みを新たに見つめなおしたという言葉も。

 成合は下剋上マッチ実現に気合い充分。「倒れる気もないし、倒す気満々」、「(下克上を)起こす気しかない」という。狙うのはもちろんKO。3戦3勝の勢いのまま、一気にトップ戦線に浮上するか。

SATORU成合
「島野選手との試合を組んでもらってありがとうございます。島野選手、受けてくれてありがとうございます。島野選手の試合映像をいくつか見て、本当に強いなと思っています。でも僕は倒れる気もないし、倒す気満々なので。そういう熱いところを見てほしいと思います。気持ちとパワーでは負ける気がないし、倒れる気もさらさらないので。このカードを聞いた時に、勝てればおいしい、いいカードだなと。

 練習時間はそんなにとれないんですが、長く練習すればいいわけじゃないので。1日1日を濃くして悔いのないように仕上げて勝ちたいです。(下克上を)起こす気しかないですね。島野選手はトップ選手にも勝っている本当に強い選手なので厳しい闘いにはなると思いますけど、本気でぶつかって勝ちたいと思います。判定決着はたぶんないと思うので。倒すか倒されるかの熱い試合をして、最後に自分がリングに立っていると思います」

島野浩太朗
「3月以来のKRUSH参戦となりましたが、この一戦にしっかり勝って、次の一歩につなげたいと思います。(成合の印象は)まず一発のある選手。それだけでなく逆転、巻き返して勝利する底力もあって。力のある選手だと思います。(KRUSHへの思いは)3月のタイトルマッチで敗戦して。あれだけ悔しい思いは自分のキャリアの中で一番でした。その試合からだいぶ時間があいて、いろんな気持ちと向き合う中で、最後に残ったのは格闘技が好きという気持ちと、このリングで一番になりたいという想いでした。その気持ちをぶつけたいと思ってます。

 スーパー・フェザー級はベルトの動きが多いというか。王座に就くのが凄く難しい階級だと感じています。この階級は一戦一戦が大きい。この一戦も自分と相手にとって大きな一戦になると思っています。その気持ちをぶつけたいです。今回、試合期間があいて練習徐間がたくさんができたので、こういう強みもあるんだなって。細かいところも出していきたいと思います。

(今後は)もちろん上に挑戦していきたいです。この階級でやる以上、一番になりたい気持ちが強いので。挑戦していきたい。この一戦、何が何でも勝って、もう一度上に挑戦していくのが目標です」

 

選手登録