2019.11.01

 10月31日(木)神奈川・クイーンズスクエア横浜1Fクイーンズサークルにて“K-1冬のビッグマッチ 第1弾 横浜”「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN~よこはまつり~」11.24横浜大会の無料公開イベントが行われた。

 第2部ではハロウィンに合わせ選手たちが仮装をして登場。ミャンマー・ラウェイ王者の金子大輝は横浜にちなんで水兵、第3代フェザー級王座決定トーナメントに出場する安保璃紅はスパイダーマン、スーパーファイトで参戦する鈴木勇人はピエロで現れ、それぞれ試合への意気込みを語った。

金子大輝
「K-1に来て最初の相手がK-1ライト級王者の林健太選手ということ、ミャンマー・ラウェイとK-1ジム大宮の所属ということで2つを背負って戦うので大変気合いが入っています。

 Facebookとかを見ているとミャンマーの方からの反響が本当にすごくて、フォロワーの方が1000人ぐらい増えたりしました。ミャンマー・ラウェイというミャンマーの国技が日本のK-1で紹介されるということでミャンマーの方もかなり期待されています」

安保璃紅
「スパイダーマンは特に好きではないんですけど、初めて仮装するのでやり切りたかったです。仮装は…楽しいです(笑)。試合に向けて着々と準備ができていて、今からでも試合を楽しみにしているので、早くもう練習を終わりたいです(苦笑)。今からもっと上げていくと思うんですけど既にもうキツいので、早く試合したいです。

(トーナメントの出場選手は)一応一通り見て自分なりに警戒して、あとは兄たちにも映像を見てもらっています。とりあえず1回戦を勝たないといけないと思っているので、相手は強敵ですけどしっかりクリアしていこうと思っています」

鈴木勇人
「人生で初めて仮装しました(笑)。(スーパー・ライト級の実力者・佐々木大蔵との対戦になったが?)やってみないと分からない部分が大きいと思うんですけど、自分はK-1のベルトを狙っているので、K-1の大会場で本戦に出るのは初めてですけど、しっかりと勝って次に繋げたいなと思っています。

(KRUSHのベルトを獲って変わった?)そこまで大きく変わったことはなくて、やっぱりK-1のベルトを獲らないと見える景色は変わらないのかなと思います。ここからがスタートで、今度の戦いが大事です」

 

選手登録