2019.09.30

 9月30日(月)東京・飯田橋のホテルメトロポリタンエドモントにて、11月24日(日)横浜アリーナ「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~よこはまつり~」の第3弾対戦カード発表会見が行われた。

 地元・横浜でのK-1出場、そして格上との“下克上マッチ”を猛烈にアピールしていた瑠久。その念願が叶い、横浜大会へのスーパーファイト出場が決まり、K-1旗揚げ戦からスーパー・ライト級で歴史を築いてきた山崎秀晃と拳を交えることとなった。

 瑠久はこれまでの山崎のK-1での戦いにリスペクトを示しながらも「自分はまだ20歳で、これからK-1を盛り上げて行く選手。山崎秀晃選手を叩き潰して、自分がこの先のK-1を盛り上げて行きたい」と世代交代を宣言。

 これに対して山崎は「僕も旗揚げ戦からスーパー・ライト級でやってきた自負がある。しっかり拳で瑠久選手にK-1のスーパー・ライト級がどういうものか、歴史を試合の中で伝える」と自らの拳でK-1の歴史の重みを叩き込むと応戦した。

☆記者会見動画の視聴URLはこちら▷https://youtu.be/vzbzk6WUJVw

瑠久
「地元の横浜大会に呼んでいただいて、めちゃめちゃ嬉しいです。前回の試合が終わった後にアピールしていた下克上マッチが実現して、その下克上する相手が山崎秀晃選手ということでとても嬉しいし、凄くオイシイと思っています。地元・横浜で絶対に負けられないので、必ず下克上したいと思います。

(対戦相手の印象は?)K-1旗揚げ戦からずっと見ていて、憧れの選手の1人でした。自分が一番印象に残ってるのが、山崎選手が日本代表決定トーナメントを優勝した時で、あの試合を観客として見ていて、凄い心を打たれたというか、自分が試合をしているようにめっちゃ熱くなって、めちゃくちゃ応援していたことを思い出しました。

(対戦相手が山崎と聞いてどう思った?)名前を聞いた時に最初はびっくりしたんですけど、なんか凄いドキドキしましたね。正直凄いリスペクトしていて旗揚げ戦からK-1を築いてきた選手ですけど、年齢的にもこれからK-1を引っ張って行く選手ではないと思うんですよね。逆に自分はまだ20歳で、これからK-1を盛り上げて行く選手だと自分で思っています。山崎秀晃選手を倒して、叩き潰して、山崎選手も(今後のK-1を)安心させるようにしっかりKOして、自分がこの先のK-1を盛り上げて行きたいっすね。

(地元から応援団はたくさん来る?)まだ分からないですけど、今までで一番応援が来てくれます。横浜アリーナは自分の地元というか庭みたいなもんで、横浜アリーナの周りとかでずっと遊んでたんで。本当に地元なんで負けられないですね」

山崎秀晃
「自分も横浜・町田に出てきてもう10年になるんですけど、横浜アリーナで自分の試合を見せたい仲間がたくさんいます。今回は瑠久選手を相手に山崎らしい勝ち方をしっかりお見せできれば良いかなと思います。

(対戦相手の印象は?)瑠久選手はKRESTにも何回か出稽古に来てもらって、スパーリングもさせてもらったこともあります。凄い足腰の強い選手やなって印象があります。あと普段の会見では勢いも良いんで、今日はちょっとボロカス言われんのかなと思ってました(笑)。安保瑠輝也選手も平山迅選手もけっこうイケイケやったんですけど、今回は凄いリスペクトしてもらっています。僕も数々の先輩方に下克上させてもらって、胸を借りる形で試合してどんどん強くなってきたんで、ここはしっかり瑠久選手の挑戦を受けてバチバチの試合をしたいと思ってます。

(瑠久のような野望を持った相手が挑んでくる気持ちは?)とてもリスペクトのある言葉の中にファイターとしての野心も燃やしてくれたと思いますし。『ありがとう、良い試合しよう』って、それだけですね。(横浜の応援団にどういう試合を見せたい?)それはもうゴールデンフィスト山崎秀晃、やっぱりKOを見せるしかないんでね。そこは僕もやっぱり旗揚げからスーパー・ライト級でやってきた自負もありますんで、しっかり拳で瑠久選手にK-1のスーパー・ライト級がどういうものか。その歴史を試合の中で伝えれたらいいなと思ってます」