2019.09.17

 9月17日(火)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて「K-1 KRUSH FIGHT.105」の一夜明け会見が行われた。

 打ち合いを望む倉崎昌史に対し、カード発表会見から「打ち合わない」と公言していた安達元貴。拮抗した展開のまま3Rになると、終盤はパンチの打ち合いへ。蹴りも駆使して有効打で上回った感のある安達がスプリット判定で勝利した。

 KO負けからの再起戦に何とか勝利した安達は「全然良い試合できなかったんで、今練習してることを活かしながら良い試合もできるように次に向けて準備して行きます」と、悔しさの残る試合内容をバネに成長を誓った。

☆記者会見動画の視聴URLはこちら▷https://youtu.be/ZAY5y7H-dXQ

安達元貴
「昨日は応援ありがとうございました。結果的には勝てて良かったですけど、全然納得いってなくて。今は凄い悔しい気持ちで一杯です。(3Rの攻防で競り勝てた要因は?)んー、何だろう……まあ手数は少なかったんすけど、多分有効打をしっかり当ててるように見られたのが僕だったんじゃないかなって思いました。

(KO負けからの再起戦で、この試合で自分の中で変われたと思えた部分は?)正直練習してきたことは良くも悪くも試合に出てたんで。課題も見つかったんでしっかりやることをやって、また次に仕上げて行きたいっすね。(昨日は蹴りを散らしていた印象があったが、それが練習でやってきたこと?)そうですね。蹴ることを意識してやってきて、昨日の試合では意識し過ぎたというか、蹴ることしか考えてなかったんでそれも良くなかったって感じです。

(今後の目標は?)全然良い試合ができなかったんで、今練習してることを活かしながら良い試合もできるように、どんどんやることやって次に向けて準備して行きますので応援よろしくお願いします。(ファンの皆さんにメッセージは?)全然第1試合らしい試合出来なくてすいませんでした。もっと盛り上げれるように、もっと強くなって頑張りますので応援よろしくお願いします」