2019.08.20

 8月24日(土)エディオンアリーナ大阪(第1競技場)で開催される「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~日本vs世界・5対5&スペシャル・スーパーファイトin大阪~」の[【株式会社メインステージPresents】スペシャル・スーパーファイトin大阪/K-1スーパー・フェザー級/3分3R・延長1R]で対戦する皇治と大岩龍矢。この一戦を2人と拳を交えたことのあるファイターたちが大予想!2017年9月に皇治、2018年12月に大岩と対戦した島野浩太朗はこの一戦をどう見ている?

「皇治選手は相手を自分のペースに持っていくのが上手くて、常に自分の距離をキープして戦うことが出来る選手だと思います。K-1 JAPAN GROUPの試合ではKO数が少ないですが、パンチでも蹴りでも一発一発“効かせる”武器を持ってる選手だなと思いました。実際に自分はダウンしていますし、戦っていて攻撃力を感じました。一撃でドカン!と倒すような攻撃ではないですが、少しずつ削られていくような攻撃でしたね。

 大岩選手はみなさんのイメージ通り、パワーと圧力がずば抜けていました。しかも一発で試合を決める強力なパンチを持っているので、絶対にプレッシャーを受けないように意識して戦いましたね。あと僕が驚いたのは林京平戦や芦澤竜誠戦で別人のような戦い方になっていたこと。いい意味で不気味な感じがして、ちょっと大岩選手は予想が出来ないですね。

 僕のなかで皇治選手と大岩選手は全く違うタイプで、野球に例えるならコントロール型の皇治選手と剛速球型の大岩選手という試合になると思います。僕が戦った感触では…相性的に皇治選手がやや有利かなと思います」

 

選手登録