2019.08.20

 8月24日(土)エディオンアリーナ大阪(第1競技場)で開催される「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~日本vs世界・5対5&スペシャル・スーパーファイトin大阪~」の[【株式会社メインステージPresents】スペシャル・スーパーファイトin大阪/K-1スーパー・フェザー級/3分3R・延長1R]で対戦する皇治と大岩龍矢。この一戦を2人と拳を交えたことのあるファイターたちが大予想!2016年9月に皇治、2018年1月に大岩と対戦した闘士はこの一戦をどう見ている?

「僕が皇治選手と試合をした時に思ったのは、すごく頭がいい選手だな、と。すごく自分の対策を練っているのが分かったし、そのうえで自分の頭で考えながら戦うことが出来る選手だなと思いました。逆に大岩選手は自分で考えるというよりも、KREST陣営が相手の対策を練って、その指示を受けて戦うタイプだと思います。なので僕は自分で考える皇治選手vsセコンドが操縦する大岩選手という試合、個人(皇治)vsチーム(大岩)の勝負になるのかなと思います。

 そこでキーポイントになるのが去年の武尊vs皇治ですね。最近の大岩選手の試合を見ているとパンチをコンパクトを打つようになって、戦い方が武尊選手に似てきたと思います。今回も大岩選手は武尊選手からアドバイスをもらっているだろうし、武尊vs皇治を参考にしてKRESTとして作戦を考えると思います。

 でも僕は皇治選手は大岩選手がそういう対策を練ってくることまで分かっていると思うんですよ。実際に武尊選手と戦って、KREST勢にどんな対策を立てられるか?が分かったはず。それを踏まえて大岩選手の対策を上回る作戦・対策を練ってくると思うし、試合中にも大岩選手の動きを見て、自分で考えながら戦うと思います。しかも今、皇治選手には大宮司(進)さんという名参謀もついているし、負けられないシチュエーションで戦うのは皇治選手の方だと思うんですよ。

 そういったことを考えると僕の予想では皇治選手がやや有利かなと思います。もし大岩選手がそこを打ち破るとしたら、いい意味で綺麗に戦わないことじゃないですかね。大岩選手は一発があるし、パワーと圧力は本当にすごいです。試合展開によっては作戦やパンチのフォームを無視してブンブンパンチを振り回していった方が逆に皇治選手を苦しめるんじゃないかと思います」

 

選手登録