2019.07.22

 7月21日(日)東京・後楽園ホールにて「K-1 KRUSH FIGHT.103」が開催された。2017・18年と行われ、今年で3年連続、KRUSH夏の風物詩というべき日本vs中国対抗戦。今年は昨年に続いて中国の格闘技イベント「WLF武林風」との対抗戦として実施された。
 
 実力伯仲となった対抗戦はワン・ジーウェイ、山本直樹、ジャン・チュンユー、藤村大輔と中国・日本の順に勝ち星を上げ、2勝2敗で後半戦に突入する。後半戦では“POWER OF DREAM第3の男”中野滉太がワン・ポンフェイに勝利して日本が一歩リードするが、副将戦でジャオ・チョンヤンが跳びヒザを炸裂させ、伊藤健人に衝撃の3R KO勝利。勝負の行方は大将戦の卜部功也vsジュー・シュアイに持ち越された。

 3月のK'FESTA.2でK-1ライト級王座を失い、これが復帰戦となる功也は、2016年武林風の新人王であるシュアイ相手に好調な立ち上がりを見せたが、功也の右フックにシュアイの右フックが一瞬速くカウンターで炸裂。立ち上がった功也だが足と目がおぼつかず、レフェリーが試合をストップ。“アンタッチャブル”と言われた功也が初回KO負けを喫するこれまた衝撃の結末で、対抗戦は4勝3敗、中国チームの勝利となった。

☆全試合結果・写真・レポート
https://www.k-1.co.jp/krush/result/16489/

 

選手登録