2019.07.18

 7月21日(日)東京・後楽園ホール「K-1 KRUSH FIGHT.103」の[日本vs中国・7対7全面対抗戦・副将戦/K-1 KRUSH FIGHTスーパー・フェザー級/3分3R・延長1R]で伊藤健人と対戦するジャオ・チョンヤンのインタビューを公開!

――対抗戦出場が決まった時の心境を教えて下さい。

「これまで数多くの試合に出場して来ましたが、KRUSHと武林風の対抗戦に関しては、いつも以上にエキサイトしますね。国際レベルのイベントにまた出場できるという喜びがあります」

――チョンヤン選手が格闘技を始めたきっかけは?

「小さい頃、中国の武侠映画の影響を受けて格闘技を始めました。最初はボクシングを習い、それから散打に転身しました。もちろん色々な中国伝統武術も少しはできますよ。ちなみに伝統武術には多くの殺人テクニックがありますが、残念ながらリングでは使えないですね(笑)」

――これまでどんな試合・相手と戦ってきたか教えてください。

「武林風、クンルンファイト、ISKA、WKU、WAKOなどに出場経験があり、K-1スタイル、ヨーロッパルスタイル、ムエタイスタイルなどほとんどのスタイルの選手と戦ったことがあります。日本で活躍する朝久裕貴選手やハビエル・エルナンデス選手とも戦いました」

――自分のファイトスタイルがどんなファイトスタイルか教えてください。

「私は相手と真っ向からバチバチに打ち合うのが大好きで、それがリング上で最も男らしさを出せるスタイルだと思っています。相手の選手も逃げないで向かって来て欲しいです。ちなみに私はパンチのコンビネーションとヒザが得意で、一番KOが多いのは右ストレートです」

――中国ではどんなニックネームで呼ばれているのですか?

「ニックネームは“チャンピオンキラーコンバイン”です。これはファンが付けてくれたニックネームで、いつもチャンピオンクラスの選手をコンバインのようになぎ倒してしまう、という意味です」

――対戦相手の印象は?

「伊藤健人選手の動画を見ました。非常にタフで卓越した意志の強さを持っていると思います」

――日本のファンにどんな試合を見せたいですか?

「今自分自身最も良い状態で調整できていますので、持っている力を全部出しきって爆発力十分なファイトをお見せします!」

――今回の対抗戦はどんな結果になると思いますか?

「私の予想では今年の対抗戦の結果は中国:日本、4:3だと思います」

――中国人チームの一番の強みはどこですか?

「今回の中国チームは全員本当に強いですよ。当日はリングで色々な中国の勇士を見ることができると思います」

――日本のファンへのメッセージをお願いします。

「KRUSHファンのみなさんこんにちは。中国から来た“王者コンバイン”のジャオ・チョンヤンです。また日本のリングで試合することができて本当に嬉しいです!7月21日は私と伊藤健人選手の試合にご注目ください」

 

選手登録