2019.03.31

 3月31日(日)東京・新宿区の「GSPメディアセンター」にて「Krush.99」の一夜明け会見が行われた。

 昨年12月の後楽園大会ではスーパー・フェザー級タイトルマッチに臨むも、延長判定で敗れてベルトを逃した大岩。昨日の第7試合では林京平を豪快な1RKO勝利で沈め、再起戦を勝利で飾った。会見で大岩は中村拓己プロデューサーに「逆に昨日試合はどうでしたか?」と感想を求めつつ、昨日のリング上に続いてK-1出場と皇治との試合を改めてアピール。同門の西京佑馬がKrushスーパー・フェザー級のベルトを獲得したことも相まって「Krushのベルトは佑馬がしっかり獲ったんで、一番近くで何を目指すかと言ったらK-1出場。大岩龍矢がK-1に出場しますんで、K-1ファンの皆さん待っておてください」とK-1出場を勝手(?)に宣言した。

大岩龍矢
「試合を振り返って、(中村プロデューサーに)逆に昨日試合はどうでしたか? (中村プロデューサーの『見事な一発KOで、連勝してた良い時の大岩選手が戻ってきた』と返答すると)ってことは僕がリングで言ったK-1出場、皇治選手とやれるってことですか? (中村プロデューサーは『きっちりKO勝ちしたのは次のチャンスにつながる良いアピールだったと思う。西京選手がスーパー・フェザー級のタイトルを獲ったので、大岩選手がすぐにKrushのタイトルを狙うというのは、現状考えにくい状況。その中で大岩選手がK-1出場や皇治選手との試合をモチベーションにするのは当然だと思います』と返答した)

(昨日の試合を振り返って、対戦相手の印象は?)昨日の一発KOは、一番最初にイメージしていた一つだったんですけど、その一つめがああいう形で決まったって感じです。(年末のタイトルマッチとの違いは?)前回のタイトルマッチの時は気持ちが前に出過ぎて、イメージしていたことが全て出せてなかったです。モロに悪いところがタイトルマッチに出ただけで、今回はイメージどおりにいったんで、そこがKOにつながったと思います。(最後のKrushで納得行く試合が出来た?)自分の試合前までずっとKOが続いてたんで、最後のKrushということで一番盛り上げて倒したいって気持ちもありました。

(皇治選手は対戦を望んでいる選手に『段階を踏んでから来い』と言っているが?)まず皇治選手が言ってる『段階を踏んで来い』という意味が僕はちょっとよく分からないんで…。『皇治選手も段階踏めてるのかな?』っていう色んな疑問も出てきます。まあ(皇治と)やる前に外国人選手と(試合)っていうのは、自分はまだ外国人選手とやったことないんで、やってみたいという気持ちはもちろんあります。

(なぜ皇治選手と戦いたい?)それはもちろん今波に乗ってる中の一人ですし、単純に活躍してる選手だからです。ここ最近は結構『大岩が勝つんじゃないか?』って予想される試合が多くて、今回そう思われていた試合だったと思います。だからそうじゃなくて、自分が挑戦したいと思う選手とやりたい気持ちがあるんで、皇治選手の名前を出しました。(今後の目標は?)ベルトは佑馬がしっかり獲ったんで、一番近くで何を目指すかって言ったらK-1出場です。そこに行くこと(K-1出場)は当たり前かなって自分で思ってるし、K-1に出場して、自分がK-1の顔になることが目標ですね。(ファンに向けてメッセージは?)大岩龍矢がK-1に出場しますんで、K-1ファンの皆さん待っててください」