2019.02.18

 3月10日(日)さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナで開催される「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K'FESTA.2~」の[日本vs世界・7対7/K-1スーパー・バンタム級/3分3R・延長1R]でK-1スーパー・バンタム級王者 武居由樹と対戦するアレックス・リーバスのインタビューを公開!

――2度目のK-1参戦が決まって、どんな心境ですか?

「とてもうれしいよ!俺はずっとK-1で活躍することを夢見ていたんだ。11月にユウタ(村越優汰)に勝ったことで、K-1で活躍する道が開けた。その道を終わらせないことがこれからの目標だよ」

――前回の村越戦を振り返っていただけますか?

「勝てたという意味では良い結果だったけど、100\%の自分は出せていなかった。俺はもっといい試合が出来るファイターだよ」

――前回はフェザー級で、今回はスーパー・バンタム級での試合になります。

「俺はまだ若いから、いずれ身体も大きくなって階級を上げる事になると思うけど、現時点ではスーパー・バンタム級が合っていると思う」

――前回の試合後に武居選手に対戦をアピールしていましたが、その理由を教えてください。

「俺がK-1の中で一目置いている選手がタケル(武尊)とタケイ(武居)だ。でもタケルとは階級が違う。だから自分と同じ階級のタケイと戦いたいと思ったんだ。俺はタケイの座を奪うためにも必ず勝つ」

――対戦相手の武居選手にはどんな印象を持っていますか?

「タケイはスピードも速く、経験豊富でとても頭のいい選手だと思う。ただ特に恐れるような所は感じない。自分の方がすべてにおいて上だと思っている」

――武居選手のテクニックや戦い方をどう思いますか?

「彼はK-1チャンピオンだし、間違いなくトップレベルの選手だよ。でも自分はコーチと共にタケイに勝てる作戦をしっかり考えているから何も心配していない。むしろタケイに勝てると確信しているし、試合が楽しみだね」

――どんな試合をファンに見せたいですか?

「細かい戦略は言えないけど、前回のユータ戦よりも更に成長した自分を見せたい。2度目のK-1参戦となる今回は、前回よりもリラックスした気持ちで試合に臨めると思う。ファンに認めて貰えるような試合をしたい」

――最後はどんなフィニッシュで勝ちたいと思っていますか?

「大切なのはまず勝ちに対する熱意、そしてその為の戦略と折れない心だ。俺はタケイよりもより速く、よりスマートに、そしてこの拳でKOする」

――「K'FESTA.2」はK-1の年間最大のビッグマッチですが、その大会に出ることをどう思いますか?

「凄く特別だね。今回はK-1のトップファイターたちが集結する大会で、この大会を盛り上げられるように頑張るよ」

――今後のK-1での目標を聞かせてください。

「焦らず一つずつ先に進んでいく。最後の目標はK-1のベルトを腰に巻くことだ」

――それでは最後に日本のファンにメッセージをお願いします。

「また日本で戦えることにとても興奮している。前回の試合以降、日本のK-1そしてファンの皆がとても好きになった。これからももっと応援してもらえる様に、最高の試合を見せられるように頑張るよ」

 

選手登録