2018.12.17

 12月17日(月)東京・新宿区のGENスポーツパレスにて、東京・後楽園ホール「Krush.96」の一夜明け会見が行われた。

 9月のKHAOSで衝撃のKOデビューを果たし、昨日のKrushデビュー戦では2Rに右ストレートでダウンを奪ってMOEに勝利した高梨knuckle美穂。一夜明け会見では「自分らしさを出せない試合だったので今は凄く反省してます。(MOE選手は自分よりテクニックは上回ってて、フィジカル面では勝ってるなとは思ったんですけど、攻撃を合わせるのとかが上手くて苦手なタイプの選手でかなり苦戦しました」と男子顔負けの強打をMOEのテクニックにいなされたことに反省しきり。

 現在空位の女子アトム級王座については「来年は絶対にKOして勝って、ベルトを必ず獲りたい。今のままじゃ駄目なので、明日からしっかり色々反省して、動画も見直してやっていこうと思います」とベルト奪取に意欲を見せた。

高梨knuckle美穂
「昨日は沢山の応援ありがとうございます。対戦相手のMOE選手、ありがとうございました。昨日の試合を振り返って反省点ばかりでした。自分らしさを出せない試合だったので、今は凄く反省してます。(どの辺が自分らしさを出せなかったと感じた?)私は前にガンガン出るスタイルが好きなんですけど、それが全然出来なかった。ダウンを取った時も、チャンスだったのに追いかけて倒しきることが出来なかったのが凄く駄目な部分だったなって思います。

(MOE選手と戦ってみて感じたことは?)自分よりテクニックは上回っていて、フィジカル面では勝ってるなとは思ったんですけど、攻撃を合わせるのとかが上手くて苦手なタイプの選手でかなり苦戦しました。(ダウンの手応えは?)手応えもそんなになかったですね。(判定を聞いた時はかなり喜びの表情だったが、あの時の心境は?)試合中に自分がしょっぱい試合をしてるなというのは分かっていて、ダウンを取ったんで勝ってるってのは分かってたんですけど、内容が良くないなというのは自分で感じてました。とりあえず勝ってほっとしたっていう気持ちですね。応援してくれている人の前に顔を出すのに、負けたらどうしようって気持ちがちょっとあったんで。

(女子アトム級のタイトルに向けては?)来年は絶対にKOして勝って、ベルトを必ず獲りたいと思う。今のままじゃ駄目なので、明日からしっかり色々反省して、動画も見直してやっていこうと思います」