2018.12.17

 12月17日(月)東京・新宿区のGENスポーツパレスにて、東京・後楽園ホール「Krush.96」の一夜明け会見が行われた。

 昨日の第2試合で福原優に判定勝ちを収めたC-ZUKA。一夜明け会見では後楽園ホール初勝利のために大好きなジャンクフード断ちを決意したという微笑ましいエピソードを明かし「試合が終わった後にも『勇気をもらいました!』とか『感動しました!』と言ってもらえる。そうやって人の心を動かすことが出来るって本当に凄いことだなって改めて思いました」と応援してくれるファンに感謝の言葉を送った。

C-ZUKA
「昨日は応援ありがとうございました。今回も凄く忙しい時期で(※C-ZUKAは保育士の仕事をしている)、けっこう練習も大変だったんですけど、今回は色んなものを考えるのを止めて思いっきり戦おうと思ったら、凄く肩の荷が下りてスッキリ戦えました。キックって凄い楽しいなって思い出すことが出来て、凄く良かったなって思います。

(忙しかったのは仕事と練習の兼ね合い?)1週間前にお遊戯会がありまして、年長児の担任なので台本を考えたり、3日前には監査があったのでその書類も仕上げないといけなかった。でも練習に行かないと負けた気がするので、練習にも行けるように頑張って過ごしました。

(気持ちを切り替えられた要因は?)私は後楽園ホールでの勝ちがなくて、後楽園での初勝利を挙げたいという気持ちが強かったです。スイーツとかジャンクフードが大好きで、計量後はいつも食べるんですけど、今回は山梨帰るまで我慢しようって決めるほど、勝つことに気持ちを入れてやりました。(勝利したが何を食べたい?)グラコロが食べたいです(笑)。

(タイトルも含めて来年の目標は?)私は保育士との二刀流でやらせてもらっているので、仕事との日程もありますが、チャンスをいただければ頑張ってやってみたいなと思ってます。(ファンに向けてメッセージは?)いつも支えていただきありがとうございます。私は面白いことを言えないんですけど、みんながいるから自分がいるというのを試合をする度に実感して本当に嬉しくて、試合が終わった後にも『勇気をもらいました!』とか『感動しました!』と言ってもらえる。

 そうやって人の心を動かすことが出来るって本当に凄いことだなって改めて思いました。これからもみんなと一緒に頑張っていきたいと思いますので、まだまだ未熟な私なんですけどよろしくお願いします」