2015.11.10

 11月10日(火)東京・恵比寿のバンゲリングベイジム恵比寿にて、11月21日(土)国立代々木競技場第二体育館大会で開催される「K-1 WORLD GP ~THE CHAMPIONSHIP~」のスーパーファイトで"エメリヤーエンコ・ヒョードル推薦選手"ドミトリー・グラフォフと対戦する中島弘貴が公開練習を行った。

 7月のK-1 WORLD GP-70kg初代王座決定トーナメントでは1回戦でサニー・ダルベックにKO負けを喫している中島。10月に自身が保持しているKrush-70kgのタイトルを防衛し、4カ月ぶりにK-1のリングに戻ってくることになった。

 今年は2月、4月、7月、10月と試合を続け、今回が早くも5試合目。「試合間隔が空くとどうしても休んじゃうんで、試合が続いている方がコンディションが落ちない」という中島は「今年はコンスタントに試合が続いて練習も続けてきたんで、今は疲れが溜まっていますけど、調子はキープ出来ています」と調整は順調だ。

 かつてはハードパンチャーのイメージが強かった中島だが「外国人に勝つためにはパンチだけじゃ通用しない。今はその試合、その場に応じて臨機応変に戦うようにしている」と“VS世界”を見据えてファイトスタイルのチェンジに着手。パンチだけでなく蹴りを駆使して、ダメージやリスクを負わずに勝つ戦い方を身につけてきた。

 しかし新たなファイトスタイルが確立される中で、中島には「最近はKO出来てないんで、そろそろ倒して勝ちたい」とKOへの欲求も生まれてきた。特に今大会は新生K-1オールスターと言っても過言ではないラインナップで、中島は「これだけいいメンバーが揃っているんで普通に勝っても注目されない」と久々にKO勝ちへのこだわりを口にした。

「10月の試合が終わったあと、そろそろ倒して勝ちたいなという欲求が出て来ました。特に今回はいいメンバーが揃っているんで、普通に判定で勝っても誰も見てくれてない。だから今回は倒して勝ちたいし、インパクトあるKOで倒したいです」

 公開練習として行った寒川直喜とのパンチのマススパーリングでも、右ストレートのカウンターや強烈なボディブローを次々と繰り出し、最近の試合では鳴りをひそめていた“倒す”姿勢が存分に伝わってきた。

 対戦相手のグラフォフはエメリヤーエンコ・ヒョードルがロシア各地を視察し、ヒョードル推薦選手としてK-1に送り込む刺客。WKU世界王者という肩書こそあるもの、どんな選手かは分からない部分が多い。2年前の試合映像を見たという中島も「パンチは強そうかなと思うけど、未知数な感じなところがある」と話す。

 しかし「今の自分の目標はK-1の世界チャンピオンになること」とベルトを見据える中島にとってはきっちりとクリアしなければいけない相手だ。中島自身「僕は世界のトップを目指していて、次の相手は決して世界のトップではないと思う。だから21日はしっかり倒して勝って、先につながる試合をしたいです」と自らにKO勝利というハードルを課した。

 今大会のセミファイナルでは中島が狙う-70kgのタイトルマッチ=王者マラット・グレゴリアン×挑戦者サニー・ダルベックの一戦が組まれている。中島は「グレゴリアンとも戦いたいし、一度負けているダルベックとも戦いたい」と両者との対戦を希望し「もし来年にタイトルマッチがあるなら、そこに向けて一試合一試合勝って行かなきゃいけない。今回はそのための前哨戦だと思うし、絶対に落とせない試合。タイトルマッチに向けたステップアップの試合になる」とグラフォフ戦を王座挑戦への足掛かりにするつもりだ。

「最近の試合は"VS世界"に向けての練習みたいな感じもあって、倒しに行きたいところを抑えて戦っていた部分がありました。でも今回は倒しに行く気持ちを解放したいですね。グラフォフ選手がパンチで来てくれるなら、打ち合いの末に倒して勝ちます」。11月21日は進化を遂げた"倒す"中島弘貴が見られるに違いない!

 

選手登録