2018.11.04

 11月4日(日)東京・飯田橋のホテルメトロポリタンエドモントにて「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~第3代スーパー・ライト級王座決定トーナメント~」11.3さいたま大会の一夜明け会見が行われた。

 フェザー級王者・村越優汰を相手に1Rに右ストレートでダウンを奪い、K-1初参戦ながら大金星を挙げたアレックス・リーバス。「昨日の試合にはとても満足してるよ。おかげでぐっすり眠ることが出来たし、みんなを楽しませることが出来たんじゃないかな?」と試合を振り返ると「スーパー・バンタム級(-55kg)のベルトも狙って行きたい」と昨日の試合後と同様に武居由樹の持つベルトに照準を定める。

 王者に勝利したことでフェザー級のベルトも狙える状況だが、リーバスは「自分にとってはスーパー・バンタム級がベストな体重なのでそちらでやりたい」とスーパー・バンタム級が適正階級だと明かす。K-1のリングで4連続KO勝利と圧倒的な強さを見せている武居に対しても気後れする様子は全くなく「(映像を)見たことはあるが、戦えば間違いなく俺が勝ってチャンピオンになる」と豪語した。

アレックス・リーバス
「昨日の試合にはとても満足してるよ。おかげでぐっすり眠ることが出来たし、みんなを楽しませることが出来たんじゃないかな? これからはスーパー・バンタム級(-55kg)のベルトも狙って行きたいね。(フェザー級のタイトルよりも武居選手と戦いたい?)もちろんフェザー級のベルトを狙うチャンスもあるけど、今の自分にとってはスーパー・バンタム級がベストな体重なのでそちらでやりたいね。

(昨日の試合に勝てた要因は?)昨日の試合に向けて9週間しっかり準備してきて、その成果が十分に出せたことだと思う。(具体的にはどういう作戦を立てていた?)それはまだ言えない。(普段は学校に通っている?)選手として戦いつつ、学生として勉強もしているよ。(選手としての目標や夢は?)とにかくK-1のチャンピオンになりたい。(武居の印象は?)武居の試合映像を見たことはあるが、もし武居と戦えば間違いなく俺が勝ってチャンピオンになる。(初めて日本で戦った感想は?)会場もファンもとにかく素晴らしかったと思う」

 

選手登録