2018.11.02

 11月2日(金)東京・飯田橋のホテルメトロポリタンエドモントにて「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~第3代スーパー・ライト級王座決定トーナメント~」11月3日(土・祝)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナ大会の前日計量・記者会見が行われた。

 6月の第2代フェザー級王座決定トーナメントで優勝した村越優汰がフェザー級王者としての初陣を迎えた。対戦相手は17歳にして19戦のキャリアを持つスペインのアレックス・リーバス。村越がトーナメント準決勝で対戦したジョージ・バレラと同門のファイターだ。

 今回がK-1初参戦のリーバスは「K-1で戦う機会をもらえたことに感謝している。明日の試合のために準備万端だ。素晴らしい試合を見せたい」と挨拶。公開練習ではバレラからのアドバイスについてはノーコメントだったが、この日も「バレラとは一緒にトレーニングしてきたから、その成果は試合で見せたい」と語った。

 一方の村越は「計量をクリアしたんでこれから回復して明日はしっかりインパクトを残します」。トーナメントではバレラにパンチでダウンを奪われているが「しっかりリーバス選手の対策は出来ている」と話す。今大会では村越の試合を含めて、フェザー級の試合が3試合(村越vsリーバス、卜部弘嵩vs芦澤竜誠、江川優汰vs覇家斗)組まれている。村越は王者として「3試合とも見てもらって村越が一番レベルが高い試合だったと思わせます」と格の違いを見せると力強く語った。

 

選手登録