2018.10.31

 10月31日(水)東京・新宿区のGENスポーツパレスにて、11月3日(土・祝)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナで開催される「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN」の[K-1 WORLD GP第3代スーパー・ライト級王座決定トーナメント・一回戦(1)/3分3R・延長1R]で佐々木大蔵と対戦するサム・ヒルが公開練習を行った。

 今回の試合がK-1初参戦となるヒルはニュージーランド出身でオセアニアを中心に活躍しているファイター。「この試合のためにハードなトレーニングを積んできたからコンディションはとてもいい。巡ってきたチャンスを無駄にしたくない」とK-1参戦に闘志を燃やす。

 妻がプロボクサーで、自身も妻と同じボクシングジムでトレーニングを積むヒル。公開練習では多彩なパンチのコンビネーションを見せ「客観的に見ても自分はテクニックとアグレッシブさをどちらも兼ね備えたファイターだと思う」と語った。

 ヒルは一回戦で対戦する佐々木を「テクニックもスピードある。パンチと蹴りのコンビネーションも上手い。特に左アッパーには気をつけている」と分析し「自分と戦う相手としてエキサイティングな相手だと思うよ」とニヤリ。

 これまで4選手参加・8選手参加のワンでトーナメントに出場経験のあるヒルは「トーナメントで優勝するために必要なものは体力とメンタル、そして集中力だ。目の前の試合に集中することが大事だと思う」と一戦必勝でのトーナメント制覇を思い描く。

 過去にムエタイルールの試合でヒジ打ちで対戦相手を何度も切り裂いて勝利したことから「Shank(シャンク)」(※ナイフの意味)と呼ばれるヒル。その切れ味鋭い攻撃でK-1スーパー・ライト級の頂点に立つのか?

 

選手登録