2018.08.04

 8月4日(土)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて、東京・後楽園ホール「Krush.91」の前日計量・記者会見が行われた。

 明日の第4試合・第5試合にはスーパー・フェザー級のワンマッチが並んだ。第4試合では久々のKrush参戦となる明戸仁志と剣闘士“俊”、第5試合では朝久泰央と里見柚己のホープ同士がそれぞれしのぎを削る。

 約2年ぶりのKrush登場となる剣闘士は「今回は減量がかなり良い調子良かったので、Krushらしい暴れるような試合が見せれるかなと思います」と大暴れ予告。対する明戸も「明日はいい加減復活します。自分の持ち味は攻撃力と爆発力だったんですけど、最近不発に終わっているので、明日はしっかり爆発出来るように練習してきました」とこちらも爆発を宣言した。

 朝久vs里見も里見が「朝久選手と明日のKrushで一番盛り上がる試合をするんで、応援よろしくお願いします」とファンに激闘を約束すれば、朝久は「減量と練習、いつも以上にばっちり出来てとても調子が良いです。明日はぶっこみます」と調子の良さをアピール。

 対戦カード発表会見では共に左ストレートでのKOを予告。「明日もしっかり(左を)当てます。自分たちが前半戦の最後なんで、しっかりKO決着で会場を盛り上げて、次につなげたい」と語る里見に対し、朝久は「里見選手も今は左ストレートに自信を持ってるみたいですけど、多分狙ってくるのは左ストレートと二段蹴り。僕は左ストレートも自信あるんですけど、スピード、パワー完璧に上がってきているんで、どの技でも倒せます」とあらゆる攻撃を駆使してのKOを予告した。

 現在、Krushスーパー・フェザー級のベルトを保持しているのは島野浩太朗。明戸は過去に島野と1勝1敗で、剣闘士は島野がベルトを巻いた試合で島野に敗れた郷州征宜のセコンドにもついた。それぞれ島野に対しては特別な想いがある。

「島野選手と郷州の試合の時に(郷州の)セコンドについていて、試合後に島野選手に水を飲ませた時に(島野が)何か言おうとしていた。見た感じでは『今すぐやろうぜ』ぐらいの目つきだったんで。僕が勝手に思ってるだけかもしれないですけど、僕はそれで熱くなりました。今、島野選手はベルトを持っているので、簡単にやれる相手じゃないと思いますけど、ベルトを持ってなくても、ああいう熱い選手といつかやれたら楽しいんだろうなと思っています」(剣闘士)

「僕が勝ちを重ねていた時に最後に勝ったのが島野選手で、その後にK-1の日本代表決定トーナメントに選ばれて、そこで島野選手にリベンジされて豪快にぶっ倒されて、調子が狂ってしまいました。チャンピオンとか関係なく、島野選手とはまた試合をして、倒してやりたいと思ってます」(明戸)

 一方の朝久と里見は、里見が「ベルトも欲しいですけど、自分はまだ20歳。タイトルマッチはベテランに任せて、色んな選手と戦って、若い自分にしか出来ない試合をしたい」とコメント。朝久は「島野チャンピオンはとても素晴らしいチャンピオンで、僕にないものを持っている僕も尊敬している選手です。そういう凄いチャンピオンや選手を倒していくことは、やっていかなきゃいけないこと。一人一人粉砕してチャンピオンに必ずなります」と王者に敬意を表した。

 最後に4選手はそれぞれ以下のようにファンにメッセージを送った。

剣闘士“俊”
「いつも応援していただいて本当にありがとうございます。明日は久しぶりのKrushということで、いつも以上に気合を入れて熱い試合をしようと思います」

明戸仁志
「ジムの代表になって初めての試合で、周りから刺激を受けているんで、しっかり先輩として頑張って結果を出したいです。今は計量を終わったばっかりでしゃべりも絶不調で、試合すると速攻でぶっ飛ばされる自信があるんですけど、しっかり回復して、明日は元気な姿でリングに上がります」

里見柚己
「朝久選手、本当に凄い良い選手で、インタビューを見ても選手をリスペクトしていて、自分はそういう選手が一番強いなと思ってます。ただ“粉砕”とか発言もそうですけど、本当に良い選手なんですけど顔がちょっと怖いんで(苦笑)。明日は恨みっこなしでしっかりKrushを盛り上げたいと思います」

朝久泰央
「とても自分の事を良く言ってもらった中で言いづらいんですけど、里見選手、明日はやられてもらいます。ローキック、腹への攻撃、顔面と僕はどの技でも倒せるんで、明日はしっかり回復してください」

 強豪・個性派ぞろいのスーパー・フェザー級戦線で頭一つ抜け出すのは誰だ!?