2018.08.04

 8月4日(土)東京・新宿区のGENスポーツパレスにて、東京・後楽園ホール「Krush.91」の前日計量・記者会見が行われた。

 2大タイトルマッチの前=第6試合に組まれたのは林健太vs水町浩のライト級戦だ。対戦カード発表記者会見で水町は「中国で試合をした山本真弘のセコンドについて収穫があった。それは日本で食べる中華料理はほとんどが北京料理だということ」と発言。この日も「明日はみなさん待ちに待った甲子園開幕です。甲子園に負けないように面白い試合をして、記録と記憶に残る試合をします」と挨拶して、会見場に笑いを起こす。

 対戦カード発表会見に続いて先手を取られた林も「今の水町選手のコメントを聞いて、対戦カード発表会見のコメントが狙っていたボケだったことを確信した。会見では判定負けだったので試合では勝つ」と反撃。「いつもムキになったらパンチを振り回しちゃうし、そのパンチすら(ボクシングのトレーナーから)素人のパンチだと言われたので(苦笑)、今回は蹴りも練習してきました、パンチでも蹴りでも倒せると思うし、あまり速攻で倒すとマグレだといわれるので、1R半ばから2Rで倒す」と実力差を見せてのKO勝利を宣告する。

 しかしここでも水町は「1R半ばから2Rで倒すつもりで来るなら、僕は逆転満塁ホームランで勝つ」と野球ネタで返答。「対戦カード発表会見で『自分と林選手の試合は同じ大会のどの試合よりも面白くなる』と言ったのですが、あの時は全カードを知らなくて言ってしまいました。ダブルメインの2つ(塚越仁志vs木村"フィリップ"ミノル、中澤純vs篠原悠人)絶対面白いでしょ(笑)?」と自虐気味に語って再び笑いとを取ると「あの2試合は間違いなく面白いですけど、自分と林選手の色で面白い試合をしたいと思います」とコメントを締めた。

 やや水町のコメントに押され気味(?)だった林も「9月のKrushではライト級王者のゴンナパー・ウィラサクレックに(タイトルマッチで大沢文也に)しっかり勝ってもらって僕が挑戦したい。ただ今はK-1に出たいので、12月のK-1大阪大会を目指して頑張ります」と今後の目標を掲げると「水町選手は面白い試合になると言っていますが、ほぼほぼ俺のおかげで面白い試合になると思うので、ちゃんと1R半ば~2Rという時間を気にして倒れて下さい」と改めて通告。林が予告通りの勝利を収めるか? それとも水町の逆転満塁ホームランが飛び出すか? 

 

選手登録