2018.06.19

 6月19日(火)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて記者会見が行われ、8月5日(日)「Krush.91」後楽園ホール大会の第1弾決定カードが発表された。

 現Bigbang王者の林健太が2月のKrush後楽園大会以来の参戦。上原誠やモハン・ドラゴン、恭士郎らを擁する士魂村上塾のベテラン水町浩との一戦が決まった。昨年11月に現Krushライト級王者ゴンナパー・ウィラサクレックにKO負けを喫している林は「いつかゴンナパーにやり返す」とゴンナパーへのリベンジを目標に掲げ、一方の水町は「もう一度、あの場所を目指したい」とK-1再出撃を宣言した。

水町浩
「試合は昨年12月以来ですが、その間は仲間のセコンドやスパーリングパートナーを務めていました。また山本真弘のセコンドで中国に行って、そこでも収穫があっていい経験が出来ました。それを試合で出したいと思います。(具体的には?)中国のレベルはすごく高くなっていて、日本から行ったメンバーもトップクラスばかりだったのですが、残念な結果になって。中国の選手を見て、良い技術もあったんで盗んでみようかなと思います。

(対戦相手の印象は?)何試合か見たことあるんですけど、自分と噛み合うんじゃないかなと思います。激しい試合になると思います。(今後の目標は?)もう一回K-1に出たいです。昨年2月にK-1出させてもらって残念な結果に終わって(※安保瑠輝也にKO負け)、あのままじゃ終われません。自分はそこ(K-1)を目指します。(ファンへのメッセージは?)その日、一番面白い試合になると思います」

林健太
「対戦相手関係なく、スーパー・ライト級なら秀さん(山崎秀晃)、ウェルター級なら木村"フィリップ"ミノル選手みたいに、勝つ時はほぼほぼ倒す面白い選手になりたいです。ライト級なら林健太と言われるように頑張ります。(対戦相手の印象は?)まだちゃんと試合を見たことがないの分からないです。ただ6月にBigbangに出た時、士魂村上塾の選手たちと控室が一緒なのに、僕が試合後に興奮して『恭士郎とやった時は…』って呼び捨てにしちゃったんですけど、笑ってくれていたから良い人やと思います(笑)。

(連勝の要因は?)ちゃんと勝つには勝っているんですけど反省点があります。この前、井上尚弥選手のお父さんの井上真吾さんにミットを持ってもらったのですが『素人じゃん。へたくそ』と言われたので(苦笑)、今パンチを鍛え直します。

(6月のBigbangではタイ人のトレーナーがセコンドについていたが?)自分はKRESTのプロ練習に参加できない日があって、FLYSKYGYMさんでも練習させてもらっています。そこでタイのトレーナーにミットを持ってもらっていて、ゴンナパー対策も教えてくれています。いずれゴンナパーにやり返したいと思います。(ファンへのメッセージは?)パンチを基礎から練習し直して、素人じゃないパンチを打とうと思います。良い人やと思いますけど、本気で殴りに行きます」

 林が持ち前の強打に磨きをかけてベテラン水町をマットに沈めるか? それとも水町が林を料理してK-1再出撃への道を進むか?

 

選手登録