2018.06.15

 6月15日(金)東京・新宿区にあるGENスポーツパレスにて、6月17日(日)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナで開催される「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~第2代フェザー級王座決定トーナメント~」の[スーパーファイト/K-1ウェルター級/3分3R・延長1R]で城戸康裕と対戦するマサロ・グランダーが公開練習を行った。

 2016年6月以来、約2年ぶりのK-1参戦となるマサロ。これまでK-1ではスーパー・ライト級で試合をしてきたが、今回は一階級上のウェルター級で城戸と対戦することになる。公開練習でマサロは素手のMike's Gymのマイク・パッセニール会長を相手に対して、ワンツー、フック、アッパー、左右のミドルキック、ヒザ蹴りを繰り出すと「城戸は逃げ回るだけのやつだ。俺はショーを見せるつもりはないから、すぐに試合を終わらせてやる」と秒殺を宣言した。

「コンディションはいつも通りばっちりだよ。今回からスーパー・ライト級からウェルター級に上げて減量も苦じゃないし、その分パワーもある。まぁ自分としてはどっちの階級でやっても違いはないし、相手をKOできると思っているよ。(前回K-1に参戦した時と比べてどこが成長した?)確かに日本での試合は離れていたけど、毎日トレーニングを続けていたし、間違いなく強くなっている。今ここにいるのはマサロ・グランダ―で間違いなけど、前回よりも強くなったマサロ・グランダ―だ。

(対戦相手の城戸康裕の印象は?)キャリアも長くて、尊敬もしている選手だ。ただ個人的には…対戦相手のことも真剣に受け止めず、ふざけてばかりいるヤツだと思う。俺がリング上で何ができるかを見せつけるし、俺はショーを見せるつもりはないから、すぐに試合を終わらせてやる。

(城戸はスーパー・ウェルター級から階級を落としてきた選手だが)何とも思わない。俺も70kgでも72kgでやってきたから問題はない。逆に城戸は70kgで試合をやっていてもやられるだけだから階級を落としてきただけだろ? 67kgに階級を下げてもアイツはやられるだけだ。

(城戸のファイトスタイルのついては?)俺は城戸がリングで逃げ回るだけ逃げ回って、最後に判定で勝つところしか見たことない。だから城戸のファイトスタイルに印象も何もない。俺は3Rも追いかけるつもりはないから出来る限り早くKOしてやるよ。(日本のファンへのメッセージは?)日曜日、みんなが見ている前で城戸をKOするので見ていてくれ」

 

選手登録