2018.05.18

 5月18日(金)東京・飯田橋のホテルメトロポリタンエドモントにて、東京・後楽園ホール「Krush.88」の一夜明け会見が行われた。

 第7試合でフェザー級(57.5kg)からスーパー・バンタム級(55kg)に階級を落としてきた桝本"ゴリ"翔也と対戦し、2度のダウンを奪って勝利を収めた大岩翔大。

 下馬評では不利の声も多かった一戦に勝利し「俺が負けると思っていたやつらは『ざまあみろ!』って感じです」と反骨心をのぞかせると「K-1で西京(春馬)と軍司(泰斗)にリベンジすることがモチベーション。Krushのベルトを持っていれば文句ないと思う」と過去に敗れている西京・軍司に宣戦布告した。

「昨日は自分が思うままに戦って、タフな桝本選手から2回ダウンを取って勝てたんで、自分も強くなったのかなと思います。今回は俺が負けると思われていた試合ですが『黙ってろ!』と思って練習したし、俺が負けると思っていたやつらは『ざまあみろ!』って感じです。

 試合中はすごく冷静に戦っていて、ダウンを奪ったあとも立ってくるだろうなと思っていました。実は試合前に軍司(泰斗)が2階のバルコニーから見ていて、目が合ったんですよね。それでスイッチが入って、軍司に対して見とけよって感じでした。

(どんな対策を立てていた?)桝本選手はガードを固めて入ってきて連打をまとめるスタイルなので、そうさせないような練習をしていました。だから自然とそういう戦いになったかなと思います。試合中、特に相手のフィジカルの強さは感じなかったんですけど、一発がある選手だったので、そこは警戒していました。

(今後の目標は?)自分はプロで西京(春馬)と軍司にしか負けてないんですけど、そこへのリベンジがモチベーションです。もう自分の中でプランは決まっていて、今年中にKrushスーパー・バンタム級のベルトを獲って、それを手土産に西京・軍司とK-1で戦えたらなと思います。Krushのベルトを持っていれば挑戦しても文句はないと思います。

(ベルトを獲る自信は?)自信というか獲らなきゃ話にならないです。スーパー・バンタム級はつまらない選手ばっかりなんで、Krushのスーパー・バンタム級を獲って、フェザー級で西京とやって、バンタム級でもスーパー・バンタム級でもいいから軍司とやって、そこからです」

 大岩はKrushのベルトを巻いて西京・軍司へのリベンジにつなげることが出来るか?