2018.05.18

 5月18日(金)東京・飯田橋のホテルメトロポリタンエドモントにて、東京・後楽園ホール「Krush.88」の一夜明け会見が行われた。

 第4代女子フライ級王者として挑戦者キム・タウンセンドとの初防衛戦に臨んだKANA。1Rに先制のダウンを奪われる展開だったものの、3Rの猛攻で本戦ドローに持ち込むと、延長戦ではタウンセンドを攻め続けて判定勝利で王座防衛に成功した。一夜明け会見では「相手はキャリアが多くて引き出しも多くてやりづらい相手だった」と試合を振り返り「KOの壁、外国人の壁、男子と女子の壁を壊していきたい」と一人の王者としての目標を語った。

「昨日はKO防衛という目標を成し遂げることが難しかったです。これからも自分に課題を課して、それをクリアしていきたいと思います。相手はキャリアが多くて引き出しも多くて、やりづらい対戦相手でした。それでもKO防衛をクリアできたらと思ったのですが新しい課題ができたなと思います。

(ダウンは奪われた場面について)フェイントを入れようとして身体を入れ替えた時にどんぴしゃのタイミングでもらってしまいました。効いてはなかったので焦りはしなかったんですけど、パンチをもらってしまったことは反省点です。自分はいつも“ガムシャラにいきすぎないように”と意識しているのですが、その気持ちが強すぎてなかなか手数が出ませんでした。それで3Rは動き続けないと負けると思って、3Rは相手が手数を出せないくらいラッシュしようと思って、延長戦になれば良いなと思って戦いました。

(セコンドの大宮司進トレーナーから檄を飛ばされていたが?)チャンピオンとしてメインイベンターとしてKOすることが課題で、大宮司さんから克を入れられて気合いが入りました。ただKOにつながらなくて、控室に戻るのが怖かったです(苦笑)。これから対戦相手も強くなっていきますが、それでもKOするというのはクリアしなければいけない壁だし、VS外国人の壁、メインを張る選手として男子と女子の壁…色んな壁を壊していきたいと思います。そのためにどんどん成長しなければいけないと感じました」

 すでにKANAの次戦は8月18日のKrush名古屋大会に決定しており、この大会でも強豪外国人選手との防衛戦が予定されている。KANAは「去年はチャンピオンとして名古屋大会に出ることが出来なくて、今年はしっかりタイトルを防衛してベルトを持って名古屋大会に出られることをうれしく思います。しっかりKO決着だけを望んで、KO勝利をもぎとれるように準備したいと思います」と8月こそKrush王者としてKO防衛するとファンに誓った。