2018.05.04

 5月17日(木)に東京・後楽園ホールで開催される「Krush.88」の[Krush女子フライ級(50kg)タイトルマッチ/3分3R・延長1R]で王者KANAと対戦するキム・タウンセンドのインタビューを公開!

――今回のタイトルマッチが決まった時の心境を教えて下さい。

「もちろん凄く嬉しかった! 日本で試合をしたくない選手なんていないでしょ? 特にKrushは良い試合が多く、とても成功しているプロモーションという印象があるから、本当に嬉しく思っている」

――キム選手が格闘技を始めたきっかけを教えて下さい。

「タッチラグビー(※タックルやキックがなく接触の少ないラグビー)を少し、その他にライフセーバーや体操もやったけど、これと言ってのめり込んだりはしなかった。格闘技は友達に無理やり体験クラスに連れていかれたのがキッカケで、それから格闘技にハマったわ」

――今の練習環境・状況を教えて下さい。

「私は所属しているDouble Dose Australiaジムはみんな仲が良くとても楽しいジムで、このジムでいつも練習している。トレーナーのベンジーに格闘技のテクニックと有酸素系のトレーニングを教わり、いつでも試合が出来る状態に鍛えている」

――これまでどんな国・大会で試合をしてきたのですか?

「オーストラリアを中心にニュージーランド(King of the Ring)やタイでも試合をしている」

――自分のどこを日本のファンに見てもらいたいですか?

「自分はテクニシャンファイターで、蹴り技を得意にしている。自分のテクニックも見て欲しいけど、とにかく観客を盛り上げる試合をしたいわ」

――対戦相手のKANA選手の印象を教えてください。

「スピードがあって、勝ちに貪欲な好戦的な選手という印象がある。KANAはKO率が高いファイターで、それは素晴らしいことだと思うけど、別にだからと言って怖いとは思わない」

――KANAの活躍でK-1でも女子の試合が組まれるようになっていますが、それについてはどう思うか?

「女子の試合が注目されるのはいいことだと思う。そして日本のファンが注目するKANAを倒して、自分の存在を日本のファンにアピールしたい」

――Krush・日本で戦う上での目標を教えてください。

「先ずは今回いい試合をして勝つ。そしてKrushチャンピオンになって、今後のKrushでの試合に繋げていきたい」

――もしベルトを巻いたらどんなチャンピオンになりたいですか?

「日本のファンの皆に一目置かれるようなチャンピオンになりたい」

――それでは最後に日本のファンにメッセージをお願いします。

「自分のベストを尽くし試合を盛り上げたい。日本のファンの皆さんに会えるのを楽しみにしている」

 

選手登録