2018.04.25

 4月25日(水)東京・飯田橋のホテルメトロポリタンエドモントにて、「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~第2代フェザー級王座決定トーナメント~」6.17(日)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナ大会の追加対戦カードが発表された。

 昨年11月からウェルター級(67.5kg)に階級を落とし、「K'FESTA.1」3.21さいたま大会ではイッサム・チャディッドに勝利した城戸康裕がスーパーファイトで参戦。過去に野杁正明や平本蓮から勝利を収めているマサロ・グランダ―との一騎打ちが決まった。

 会見では約2年ぶりのK-1参戦となるマサロからのコメントが読み上げられ、マサロは「日本は大好きな国で、またK-1に戻ってくることが出来て本当に嬉しい。対戦相手の城戸は一発もらったらすぐにダウンするし、打ち合うのを怖がってビビってばかりいる。ファイターではなく、ふざけたピエロみたいなヤツという印象しかない。早くリングに立ち、みんなの前で戦うことが楽しみだ」と城戸をピエロ呼ばわり。

 思わず苦笑いの城戸は「言うね~本当に! というか(6月にマサロと)やりたいくないっすわ(苦笑)。ただただやりたくない。本当は何もせずに夏を迎えたかったんですけど、K-1から試合をやってくれの圧がすごかったので、やるかあ…って感じです」とネガティブたっぷりに切り出し、マサロ戦への意気込み(?)を語った。

「言うね~本当に! というか(6月にマサロと)やりたいくないっすわ(苦笑)。ただただやりたくない。本当は何もせずに夏を迎えたかったんですけど、K-1から試合をやってくれの圧がすごかったので、やるかあ…って感じです。というかタイトルマッチにしてくれればよかったのに! しかも相手マサロでしょ? 野杁(正明)くんや平本(蓮)くんに勝っているから、城戸くらい倒しちゃうでしょう(苦笑)。もうそういうやつばっかり嫌だな…勝てるやつを用意して欲しいよ!

(マサロのコメントについて)『城戸のことをリスペクトしている』とか言うやつは絶対に僕の試合を見てないじゃないですか? 『城戸はふざけた野郎だ!』と言われる方がちゃんと見てんじゃんと思いますね(笑)。(マサロの印象は?)飛び跳ねる感じです。何年か前にK-1でマサロが負けて控室に戻ってきて、腕を組みながら『俺は納得いかない!』って感じにしてたんですよ。俺はその試合はマサロが勝ったと思っていたので『You win!』って言ったら、マサロも『OK』って感じで言ってきたんで、意志の疎通は出来ているかなと思います(笑)。

(タイトル挑戦について)9月にタイトルマッチをやりたいんですけど、9月にタイトルマッチがあると遊べない…いや、遊ぶな(笑)。(同じ大会で同階級の木村"フィリップ"ミノル選手とメルシック・バダザリアンが組まれているが?)う~ん…。僕は自分のライバルになる選手が勝つと『くっそー!』と思うし、僕はそれを言っちゃうタイプです。自分が上手いこといくようにする腹黒さはあるので(木村が負けてくれるように)願おうかなと思います(笑)」

 質疑応答では城戸のタイトル挑戦アピールに関する質問もあがり、会見に同席したK-1宮田充プロデューサーは「今大会に久保選手は出場しないのですが、同じ日にウェルター級では木村"フィリップ"ミノル選手とメルシック・バダザリアンの試合も組まれています。ずばりここでの勝ちっぷりかな、と思います」と回答。すると城戸は「ということは勝ったら挑戦ということで約束してもらっていいですか?」「勝ったらやりましょう!判定勝ちでもいいっすか?」と、なんとかタイトル挑戦を確約してもらおうと必死に食い下がった。

 いずれにせよ、今の城戸にとっては目の前のマサロ・グランダ―に勝つことが絶対条件。果たして城戸はマサロをクリアして、タイトル挑戦までたどり着くことが出来るか?

 

選手登録