2018.03.23

 3月22日(木)東京・飯田橋にあるホテルメトロポリタンエドモントにて「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~K'FESTA.1~」の一夜明け会見が行われた。

 昨年8月、Krush-65kg王者・中澤純は初防衛戦で左右田泰臣に延長判定で勝利。今大会ではその左右田と再び拳を交えることになり、2Rに右ストレートでダウンを奪って文句なしの勝利を収めた。一夜明け会見では勝利の裏にあったセコンドワークを明かし、K-1での王座獲りを目標に掲げた。

「KOで勝とうと思ってたんですけど、中々倒しきれなくてずるずると判定になってしまったんで、自分的には満足いってないです。(再戦ということもあって対策もされていた?)前回の試合は、彼も多分僕のことを少し舐めていたと思うんで、やり易かったというか。すぐに打ち合ってくれたんですけど、今回は完全にジャブの距離で遠い間合いでしか戦ってくれなくて、中々打ち合うことが出来なかったです。

 それで1Rが終わった時にマジで強えなと思って焦ったんですけど、セコンドの神戸翔太君がパーリングじゃなくてブロッキングして蹴っていきましょうとアドバイスをくれて。それで良い感じでブロッキングからローをつなぐって形でやれました。全然練習通りの動きではなかったんですけど、機転を利かして対応できたことが勝てた要因かなと思います。

(試合前は舌戦があったがそのことに関して今の心境は?)2回やったしもういいんじゃないですかね、裏で話せば、ファイターは皆良いヤツしかいないんで。別に左右田どうのこうのって言っても、あいつも多分良いヤツだと思うんですけど。2回やって2回勝ったしもういいんじゃないかなと思います。

(今後の目標は?)K-1のチャンピオンになりたいんで、また次の強い選手とやりたいなと思っています。(野杁選手のタイトルマッチは見た?)まだちょこちょこっと見たぐらいなんですけど、強かったですね。

(さいたまスーパーアリーナメインアリーナで戦ってみた感想は?)もちろん試合が始まる前に会場を見た時はやっとここで試合できるようになったんだと思いましたけど、入場で花道を歩いている時は左右田泰臣を倒すことしか考えてなかったんです。周りのことは見えてなかったんで、それは変な話、新宿FACEでもスーパーアリーナでも変わんなかったというか、左右田泰臣しか見てなかったですね」

 

選手登録