2018.01.28

 1月28日(日)東京・新宿区のGENスポーツパレスにて、東京・後楽園ホールで開催された「Krush.84」の一夜明け会見が行われた。

 昨日の大会でKrushデビューを共にKO勝利で飾ったK-1ジム五反田チームキングスの玖村将史・松岡力。鮮烈な印象を残した二人が揃って会見に出席し、昨日のKrushデビュー戦を振り返った。

玖村将史
「K-1ジム五反田で練習してきたことを試合で出せて、それで倒すことが出来て自信になりました。試合で思ったことは、まだまだもっと上でやっていけるなってことですね。(試合を振り返って良かった点は?)今回はハイキックで倒そうと思っていて、狙っていたハイキックが当たって良かったですね。

(今後の目標は?)3月21日にK-1のスーパー・バンタム級のタイトルマッチが行われますが、そこでうちのジムの久保賢司代表がチャンピオンになると思います。久保代表がチャンピオンになったら、それに挑戦したいと思ってます。(同門対決だが問題ない?)K-1のベルトが獲れるんだったら、誰とでもやりたいですね。(普段から久保選手には伝えている?)いえ、言ってないです(笑)多分、今日のこの会見を見てびっくりすると思います」

松岡力
「愛犬溺愛ファイターの松岡です。昨日はパンチも良く見えて、蹴りも上手く出せました。昨日は勝って当然だったと思うんですけど、もっと上のレベルの戦いもやっていきたいなと思います。(試合後のマイクでは『言いたいことを忘れてしまった』と言っていたが)大したことを言うつもりはなかったんですけど、アドレナリンで飛んでしまいました。まあ…それも僕らしいマイクになったかなと思います(笑)。とりあえず『ありがとうございました、もっと上に挑戦させてください』と言おうと思っていました。

(今後の目標は?)とりあえずはKrushのベルトを一番の目標にしてて、それに絡んでいける上の人やチャンピオンと戦いたいです。うちのジムには(久保)優太さんという同じ階級のK-1チャンピオンがいますけど、ゆくゆくはK-1のチャンピオンを目指しているので、そこを目指して頑張りたいです」

 二人は具体的に戦いたい選手を聞かれると「寺戸選手とやりたいですね。今でもやって勝つ自信がある」(玖村)、「チャンピオンの塚越選手だったり、そのあたりの強い選手とやっていきたい」(松岡)と、共にKrushチャンピオンの名前を挙げた。

 最後に「これからも活躍していくんで応援よろしくおねがいします。宮田プロデューサー、これからもどんどん強い選手と当ててください」(玖村)、「僕は将史みたいなイケメンじゃないですけど(笑)、戦いで魅せられるようにこれから頑張っていくんで、応援よろしくお願いします」(松岡)とファンにメッセージ。2018年、Krushのリングに二人がチームキングス旋風を巻き起こすか!? 要注目だ!