2018.01.28

 1月28日(日)東京・新宿区のGENスポーツパレスにて、東京・後楽園ホールで開催された「Krush.84」の一夜明け会見が行われた。

 TBSテレビで毎週金曜日に放送されている「恋んトス」に出演していることが話題になっている亀本勇翔。昨日の大会では森坂陸から判定勝利を収めたものの「今回は大事な再起戦であったと同時に、テレビ番組に出させてもらうことになって、初めてプレッシャーを感じた」と特別なプレッシャーがあったことを明かした。また今後の目標として「K'FESTA.1」への出場をアピールしつつも「今の僕はKrushファイター。今年はKrushのベルトを獲る」とKrushでの王座奪取に向けて闘志を燃やした。

「率直にホッとした気持ちが強いです。去年10月のKrush復帰戦で負けてしまって、今回は大事な再起戦であったと同時に、テレビ番組(恋んトス)に出させてもらうことになって、絶対に負けられない試合になりました。昨日は初めてプレッシャーを感じて、負けたらどうしうよう?という不安や恐怖がありました。でも周りのサポートのおかげで、理想はKO勝ちだったんですけど、乗り越えることが出来て、気持ちの面で成長することができたと思います。

(前日計量に苦しんだが?)まずその節はご迷惑をおかけて申し訳ありませんでした。自分のミスなので気を引き締めてやりたいと思います。階級は-55kgがベストなので、-55kgでやるつもりでいます。(試合ではパワーが目立つ場面もあったが?)僕は-55kgでは筋力がある方じゃないけど身長が高い方だし、そこを活かした戦い方が出来たのかなと思います。

(今後の目標は?)僕の格闘技人生の目標がK-1の世界チャンピオンです。そして絶対に客席で見たくない舞台が3月の『K'FESTA.1』です。プレリミナリーファイトでも何が何でも滑り込みたい気持ちもあります。でも今の僕はKrushファイターです。なので今年はKrushのベルトを獲ることに集中したいと思います。(ファンへのメッセージは?)みなさんの応援やSNSの言葉が力になって、それを一番実感した日になりました。これから気を引き締めてKrushチャンピオンを目指して頑張っていきたいと思います」

 メディア出演後の注目度の上がる中で勝利を収めた亀本、ファンやSNSの声援を背にKrushのベルトに向けて駆け上がれるか?