2018.01.28

 1月28日(日)東京・新宿区のGENスポーツパレスにて記者会見が行われ、3月10日(土)東京・後楽園ホールで開催される「Krush.86」の追加対戦カードが発表された。

 変幻自在の稲石竜弥と剛腕の“バズーカ”巧樹。「Krush.86」のリングで対極のファイトスタイルを持つ両者の対戦が決定した。稲石はBigbangライト級、MA日本ライト級、APKFスーパー・フェザー級と三つのタイトルを保持。Krushのリングでは-60kg次期挑戦者決定トーナメントで大沢文也に敗れたが、昨年11月の「Krush.82」から-63kgに階級を上げて石田勝希に勝利した。対するバズーカは"狂拳"竹内裕二や島野浩太朗といったハードパンチャーたちを輩出している菅原道場出身で、昨年はKHAOS・K-1のリングで3戦3勝3KOと“バズーカ”の名にふさわしいレコードを残した。

 今回は実績・キャリア豊富な稲石に破竹の勢いで勝ち進むバズーカが挑む図式の「波乱含みの危険なカード」(宮田充K-1プロデューサー)。質疑応答では「バズーカ砲には何で対抗するか?」と質問された稲石が答えに詰まり、宮田プロデューサーが「試合は全部アドリブで戦うような選手なんですけど、コメントは意外とアドリブが効かない(笑)。こんにゃくのような柔らかい動きで対抗するのでは?」と助け舟を出す場面も。一方、バズーカは「こんにゃくマンを沈める」と勝手に稲石を命名し、稲石は苦笑しながらも「こんにゃくマンが誰のことか分からないけど、バズーカ選手をぶっ飛ばす!」と反撃した。

稲石竜弥
「今年はKrushに出まくってタイトルに絡んでいきたいと思います。(対戦相手の印象は?)試合は見たことがないんですけど、菅原道場の方々は素晴らしい選手ばっかりで、菅原会長も素晴らしい方です。(バズーカも)とんでない選手だと思うので、油断せずにしっかり勝ちます。(バズーカ砲には何で対抗する?)難しい質問ですね…というか無茶振りじゃないすか(苦笑)。(ベルトに対する想いは?)-63kgは強い選手が一杯いて、皆それぞれ色んなスタイルの選手がいますけど、その中でも僕だけのスタイルで勝ち抜いて、タイトルを獲得したいと思います。(ファンへのメッセージは?)こんにゃくマンって誰だか分からないけど、バズーカ選手をぶっ飛ばします!」

バズーカ巧樹
「3月10日までに火薬の準備を始めて、しっかりやります。(対戦相手の印象は?)良く分からないんで…特にないです。(試合を)見たことがあるかもしれませんが覚えてないです。(稲石は特徴的な動きをするが?)あんまり他の選手に興味がないんで。(ベルトに対する想いは?)目の前に現れた相手を全員ぶっ倒せば、自然にそうなると思います。(ファンへのメッセージは?)3月10日にこんにゃくマンを沈めます」

 まさに予測不能な一戦。変幻自在の稲石がバズーカを料理するか? それともバズーカの剛腕が稲石を破壊するか?

 

選手登録