2018.01.26

 1月26日(金)東京・新宿区のGENスポーツパレスにて、東京・後楽園ホール「Krush.84」の前日計量・記者会見が行われた。

 メインイベントで王者ジョーダン・ピケオーと挑戦者・山内佑太郎の-70kgタイトルマッチが行われる中、セミファイナルでは同じ-70kgで中島弘貴と神保克哉が激突。対戦カード発表会見・公開練習で「全てにおいて自分の方が上。小僧にそれを分からせてやる」(中島)「テーマは“オヤジ狩り”」(神保)と互いに挑発し合った両者だが、前日会見でも敵意をむき出しにした。

 先にマイクを持った神保が「明日は狩りに行く準備が出来たんで、ライオンになったつもりで中島選手に向かっていきます。中島選手から“ガキ”とか言われたんですけど“ガキ”が勝ったら面白いと思うので、その気持ちでやります」と下剋上宣言。

 中島も「若くて威勢のいいことを言っているなと思います。最近は相手に対してなんか言えばいいって感じになってますけど、そこまで言うなら試合でガンガン来てくれると思うので、明日拳を合わせるのが楽しみです。迎え撃つというよりも叩き潰そうと思っています」と完全粉砕を通告する。

 タイトルマッチのことを意識するか?という質問には「僕はベルトが欲しいので、自分のことを見せつける試合、ベルトにつながる試合がしたいです」(神保)、「気になると言えば気になりますけど、今はこの試合をしっかりKOで勝つというだけですね」(中島)と異なるスタンスを示したものの、最後はやはり「明日は間違いない試合になると思うので応援よろしくお願いします」(神保)、「勝つのはもちろんなんですけど、叩き潰す練習をしてきたので、見ている人が熱くなるようなKOで終わらせます」(中島)と激闘決着を予告した。
 中島が文字通り若い神保を叩き潰すか? それとも神保が中島を狩って-70kgの台風の目となるか?

 

選手登録