2017.12.08

 12月8日(金)東京・新宿区のGENスポーツパレスにて、東京・後楽園ホール「Krush.83」の前日計量・記者会見が行われた。

 9月大会からスタートした初代Krush女子-45kg王座決定トーナメントの決勝戦=王座決定戦として松下えみとCOMACHIが激突。これまで両者は3度の対戦経験があり、松下が2勝1敗と勝ち越している。会見は初代王者の腰に巻かれるベルトと共に行われ、松下とCOMACHIはベルトやチャンピオン、そしてダブルメインイベントとして試合をすることへの想いを語った。

COMACHI
「計量をクリアしてホッとしています。明日のためにキツい練習も技術練習もしてきたので、それをどれだけ出せるか楽しみです。挑戦者のつもりで戦います。(目の前のベルトを見て?)いよいよだなという実感が沸いてきて、ベルトが欲しいです。(ダブルメインイベントで試合をすることについて)Krush参戦2回目でメインイベントで試合が出来ることをうれしく思います。(初代王座決定戦としてどんな試合をしたい?)練習したことをしっかり出して私らしい試合が出来たらいいなと思います。チャンピオンになったら誰にも負けない強い選手、みなさんに憧れられる選手になりたいです」

松下えみ
「明日勝つための計量をパスしてホッとしています。明日の試合に向けて、試合までの時間を丁寧に過ごして勝つのみだと思います。(目の前のベルトを見て?)ベルトも意識しているんですけど、今まで目の前の一戦一戦を大切にやってきたので、やってきたことを出せば自ずと結果はついてくると思うので、ベルトは意識しすぎずに、のびのびやりたいと思います。

(ダブルメインイベントで試合をすることについて)男子の試合が前にあるということで意識もしているんですけど、女子の試合だからパワーがないとか思われないように、一発一発強い攻撃を出して“クラッシュ”していきたいと思います。(初代王座決定戦としてどんな試合をしたい?)初代は名誉あるものだと思うので、今まで以上に打ち合って会場を沸かせて盛り上がる試合をしたいです。私がチャンピオンになったら、挑戦者のつもりで攻め続ける試合をしつつ、チャンピオンとしてしっかり堂々と君臨したいと思います」

 松下は静岡在住、COMACHIは福岡在住で、どちらも東京近郊以外からKrushに参戦しているファイターでもある。2人は「周りの暖かい言葉のおかげできつい練習を乗り越えられた」(COMACHI)、「明日リングに立てるのはみなさんのおかげ」(松下)と周囲への感謝を述べたうえで「勝って笑顔で地元に帰る」と口を揃えた。

COMACHI
「(地元の応援は?)ジムのみんなもそうだし、そうじゃない方もたくさんサポートしてくれて、きつい練習をやるとくじけそうになったりもするんですけど、暖かい言葉をかけてくれるおかげで練習も乗り切って試合を頑張ろうと思えました。(ファンのみなさんへのメッセージは?)福岡からもたくさん応援に駆けつけてくれるので、勝ってみんなに恩返したいです。勝って笑ってベルトと一緒に福岡に帰りたいと思います」

松下えみ
「(地元の応援は?)明日リングに立てるのは、今まで協力してくださったみなさんや心から応援して下さるみなさんのおかげです。手紙やお守りをたくさんもらって、温かい言葉をかけてもらいました。明日はみんなで笑顔で帰れるように勝ちたいと思います。(ファンのみなさんへのメッセージは?)年内最後のKrushに参戦できることを光栄に思います。たくさんの方が応援に来てくれるし、応援に来られない方も声をかけてくれています。明日の試合で勝って笑顔で帰りたいと思います」

 初代Krush女子-45kg王者として歴史に名を刻むのは松下か? それともCOMACHIか?

 

選手登録