2017.11.09

 11月9日(木)東京・新宿区にあるGENスポーツパレスにて、12月9日(土)東京・後楽園ホール「Krush.83」の[初代Krush 女子-45kg 王座決定戦/3分3R・延長1R]で松下えみと対戦するCOMACHIが公開練習を行った。

 トーナメント準決勝で443(よしみ)に判定2-1で競り勝ち、決勝進出を決めたCOMACHI。443との試合を経て「私は攻撃を当てて下がる癖があるので、そこを修正しながらコンビネーションを多く出せればいいなと思っています。また普段はムエタイルールでやっていて、至近距離になった時にやりづらさがあったので、そこも修正しています」とファイトスタイルをKrush仕様にモデルチェンジしている段階だ。

 試合まで一カ月ということで「まだ追い込みも始まっていないので、今のコンディションは普通です。ここから練習をあげていく感じです」と話すCOMACHIは、公開練習で蹴り技を多用したミット打ちを披露。ロー、ミドル、ハイ、バックスピンキックを次々と繰り出し「私はパンチよりも蹴りが得意なので、パンチも当てながらどんどん蹴っていきたいと思います」と得意の蹴りを見せつけた。

 前回のトーナメント準決勝がKrush初参戦だったCOMACHIは「後楽園ホールの入り口には歴史のあるベルトがあったりして、Krushという大きなイベントで試合をやらせてもらっているので他団体とは違う雰囲気があるなと思いました」。Krush参戦の反響も大きく「SNSを通じて頑張ってねという声をいただいたりとか応援してくれる人も増えていい影響です。ジムの方ももちろんですし、格闘技好きな人からもたくさん声をいただいています」と試合当日は地元・福岡から数十名の応援団が会場にかけつける。

 ベルトを争う松下とは過去に3度対戦して、1勝2敗と負け越しており「(松下の印象は)どんどん前に出てきて、パンチでガンガン来る印象ですかね。私はそれに付き合わないで顔面への蹴りを活かして、自分の攻撃を当てつつ戦いたいと思います。私はみんなよりパワーがない分、スピードを生かしてどんどん蹴って、コンビネーションも出して戦いたいです」と蹴りでの松下撃破を目論んでいる。

「Krushは大きなイベントなので、そのベルトは獲りたいです。でもそれを思うと気持ちが昂って上手くいかないので、今はとにかく松下選手に勝つという気持ちです。ここで勝ったら強くなれると思うし、相手に勝つことがまず第一です。大会当日は地元・福岡からもたくさん応援に来ていただけるので、日々の練習でも自分に負けず、自分の攻撃を当てて松下選手に勝ちたいと思います」。

 あくまで松下に勝つことでベルトがついてくると考えるCOMACHI。得意の蹴りで松下を下し、初代Krush女子-45kg王座のベルトを手に入れることが出来るか?

 

選手登録