2017.11.06

 11月6日(月)東京・新宿区にあるGSPメディアセンターにて「Krush.82」の一夜明け会見が行われた。

 Krush初参戦となった昨日の大会で林健太を右フック一撃でKOし、大きなインパクトを残した“ムエタイ大魔神”ゴンナパー・ウィラサクレック。林戦がプロ通算100勝目という記念すべき勝利で「昨日は試合後にパーティーがあって飲みすぎちゃったよ」と笑顔で会見に出席し、林との一戦を振り返った。

「まず昨日の試合に勝ててうれしいよ。(林の印象は)試合映像を見る限り、パンチが強い選手だと思っていたんだけど、あまり長い時間戦っていないから分からずに終わってしまった。(KOした場面について)すごく冷静だった。ほとんど相手のパンチは見えていて、今回はパンチの練習をしていたので、パンチを返そうと思っていた。

(パンチにも自信がある?)以前は自分は蹴りの選手だと思っていたけど、K-1を意識してパンチを強くしようと練習して、それでパンチが強くなった。もともとタイでボクシングをやっていた経験があって、日本に来てからはウィラサクレック会長のもとでパンチを練習してきた。それでパンチ力とスピードが上がったのを感じている。(Krushで戦った感想は?)初めてのKrush参戦でたくさんファンが応援してくれて、ファンが増えていることがうれしい」

 昨日の大会では-63kgで3試合が行われ、会見に同席した宮田充K-1プロデューサーは「今、Krushでは佐々木大蔵くんが-63kgのチャンピオンで、今月のK-1で平本蓮くんと-65kgで試合をすることが決まっています。昨日は瑠輝也くんとゴンナパー選手がインパクトを残した状況で、個人的にはゴンナパー選手に毎月でも試合をやってほしいですが(笑)、今後については何が一番いい流れかを考えたいです」とコメント。

 これを受けてゴンナパーは「K-1でもKrushでも活躍したい」としつつ「ウェイ・ルイにもリベンジしたいし、-65kgでも戦えるので野杁正明とも戦いたい」とK-1二階級制覇の野望をぶちあける“欲張り”ぶりを見せた。