2017.10.30

 11月5日(日)東京・後楽園ホールで開催される「Krush.82」の[Krush -55kgタイトルマッチ/3分3R・延長1R]で挑戦者・久保賢司と対戦する王者・寺戸伸近のインタビューを公開!

──4月の第2代K-1スーパー・バンタム級王座決定トーナメントで眼窩底骨折の怪我があったということですけど、気持ちが落ちることはなかったのですか?

「怪我と言っても誰でもする怪我で、周りにも何回も(眼窩底骨折)している人もいるんですよね。手術すれば治る怪我なので、そこで気持ちが落ちることはなかったですね」

──とはいえ寺戸選手の年齢・キャリアになると、一つ一つの試合・結果が重要なものになります。まして前回はK-1のトーナメントということで、寺戸選手にとって大きな闘いだったと思うのですが、そこでベルトに手が届かなかったことで闘う意欲が衰えることはなかったですか?

「やっぱり引退という言葉が近づいてきているのかなというのは感じますし、でも、そのまま『はい、やめます』と終わっても何も面白くないので、やっぱりファイターは試合してなんぼですよ」

──周りの方からも「寺戸選手の試合が見たい」という声をかけられることが多かったですか?

「そうですね。たくさんの人たちが『お前の試合が見たいんだ』と言ってくれて。中には『45歳まで頑張ってくれよ』という人もいて、さすがにそれは難しいと思うんですけど(笑)、それぐらい俺の試合が見たいと思ってくれる人がいるんだなと思いました」

──寺戸選手自身が試合をやりたいという気持ちはもちろん、周りの声が自分を動かす原動力になっていますか?

「自分が勝ちたくてやっていることなんで、一番は自分の気持ち思うんですけど、それを周りが応援してくれることはプラスアルファというか、そういう勢いになると思いますね」

──そして今大会では2度目の防衛戦として久保選手との一戦が決まりました。

「最初は防衛期限内に試合が出来なかったので、ベルトを返上しなければいけないんだろうなと思ってKrushサイドに連絡をしたんですね。そうしたら同じK-1 JAPAN GROUP内の試合での怪我ということで、11月大会で防衛戦をやらせてもらえることになりました。(久保は)怪我明けの復帰戦の相手として、ちょうどいい相手だなと思いますね。若手の勢いのある選手が上がってくるのかなと思っていたんですけど、相手を聞いた時にちょうどいいなと思いました。俺の気持ちの中でもちょうどいいし、復帰戦の相手としてもちょうどいいです」

──寺戸選手にとっては久保選手よりもKrushで鎬を削っている選手のほうが怖さを感じる、と。

「そうですね。(久保からは)全く怖さを感じないし、全然違いましたね。試合なんでやることは一緒なんでしょうけど、そういった感じるものが彼にはなかったんで。やっぱりKrushっていうのはレベルが上がっているし、すげえんだなって思いましたね。会見ではなんか言いたいことを言ってましたけど、ちょっとおもしろくなっちゃいますよね。虚勢を張ってておかしいなあって」

──ではキッチリ借りを返してというか、ここから新しいスタートを切りたいですか?

「はい。結果的にK-1という大舞台で負けたわけで、恥を塗られたことは変わりません。次の試合でそれを取り返してやろうかと思いますよ」

──それでは今回の防衛戦を楽しみにしているファンのみなさんにメッセージをいただけますか?

「自分が勝ちたいという気持ちが大前提なんですけど、やっぱりファンの皆さんが応援してくれて、自分はリングに立てていると思うんで、そんな皆さんの期待を裏切らないような熱い試合をします。相手は今回の防衛戦を因縁だとかどうのこうの言っていますけど、完璧に自分が勝ちます。強いのは俺だってところを見せてやりたいと思います」

 

選手登録