2017.09.29

 9月29日(金)東京・新宿区にあるGSPメディアセンターにて記者会見が行われ、11月5日(日)東京・後楽園ホール「Krush.82」の追加対戦カードが発表された。

 今大会でゴンナパー・ウィラサクレックvs林健太と瑠輝也vs恭士郎の2試合が組まれている-63kg Fightの新たなカードとして稲石竜弥vs石田勝希が決まった。稲石はこれまでKrush-60kg戦線で戦ってきたが、今回は-63kgに階級を上げての参戦。対する石田は今年2月のKrush初参戦で林健太からKO勝利を収めており、稲石戦が2度目のKrush参戦となる。

 そしてヘビー級では杉本仁vsOD・KEN(オーディー・ケン)の一戦が決定。杉本はK-1・Krushで活躍するヘビー級ファイターで、今年Krushは2度目の参戦を果たす。対するOD-KENは今回が2度目のKrush参戦で、前回は訓-NORI-にKO勝利。杉本とOD・KENは共に26歳で、ヘビー級では小柄ながら身体を大きくしながら試合を続けている状況だ。

 貴重なヘビー級の新世代ファイター同士の対戦であり、この試合の勝者が今年11月の初代K-1ヘビー級王座決定トーナメント出場選手たちに絡んでいくことが予想される。会見では4選手の試合に向けた意気込みがそれぞれ読み上げられた。詳細は以下の通り。

稲石竜弥
「石田選手の印象は強そうな相手ですね。今回は試合を楽しんで勝つことがテーマで、圧倒してKO勝利します」

石田勝希
「稲石選手はトリッキーで強い相手という印象です。今回は自分自身の実力を最大限に引き出すことをテーマにしていて、しっかりKOで倒して『やっぱり石田勝希は違うな!』と実感していただける試合をしたいです。そして『石田勝希に次はタイトル戦をやって欲しい』と関係者・ファンの方に思われるようにアピールしたいです」

杉本仁
「OD・KEN選手はスピードがある印象です。今回の試合に向けて全体的なレベルアップを意識していて、ド派手なKOを見せたいと思います。僕のアグレッシブなところを見てください」

OD・KEN
「試合が決まるまで杉本選手のことは知らなかったのですが、動画を見たらメチャクチャ強い選手だと思いました。どちらにしろ相手は格上なんで全力でぶつかっていきます。僕は緊張しいで、いつも試合前には心臓が口から飛び出そうになるので、今回は食道位で止めたいと思います。今回、K-1・Krushの歴史に残るような衝撃的なKOがしたいです。僕はヘビー級では小さいと思うんですけど、パンチ力はある方だと思います。ヘビー級ならではの振り回すパンチではなく、綺麗に倒す試合をするので楽しみにしていてください!」

 

選手登録