2017.09.03

 9月3日(土)東京スカイツリータウンR・ソラマチイーストヤード5F、J:COM Wonder Studioにて「GAORA SPORTS presents『K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~初代ウェルター級王座決定トーナメント~』9.18さいたま大会・大決起集会!」が行われた。

 このイベントはタイトルの通り、9.18さいたま大会に出場する主要ファイターたちが続々と登場し、試合に向けて熱いトークを展開するK-1の大会前恒例の公開イベントだ。イベントには海外在住選手を除く全選手が登場し、試合への意気込みを語った。

 初代ウェルター級王座決定トーナメント選手は赤コーナーと青コーナーに分かれて登場。先に青コーナー選手=モハン・ドラゴン、木村"フィリップ"ミノル、KENJIが姿を現した。


 トーナメント一回戦で久保優太との元同門対決に臨む木村は「今の僕には他の出場選手と比べものにならないぐらいの価値があると思うので、その差を見せたい。ファイターとしても男としても人間としてもギラギラしたものを見せてダントツで優勝します。調子も絶好調なので、9月18日は俺の試合に酔いしれてください」と優勝宣言。

 集まったファンに向けて「K-1のリングに立てることが凄く嬉しいので、トーナメントは僕なりの最大の恩返しをしたいと思います。過去最高の努力をしてきたので、過去最高の状態でトーナメントに挑むので、みんなで最高1日にしましょう」とメッセージを送った。


 続いてトーナメント一回戦で渡部太基と対戦するモハンは「トーナメントに出場するからには優勝したい」と優勝を目標に掲げつつ「今回のトーナメントに出ている選手は全員同じ生き物(激闘派)なので、優勝候補はいない。私は1試合1試合、皆さんの記憶に残る試合をして、1回戦から自分らしくぶつかっていきます」と全力ファイトを予告。「私はネパール人であり、日本の士魂村上塾で練習しています。ネパールと日本を背負って戦います」と二つの国の代表として戦う想いを語った。

 また今年3月にドクターストップによるTKO負けを喫しているKENJIとリザーブファイトで再戦するKENJIは「あの時はカットで負けただけで蹴りは効かなかった。今回は最初から牧平をぶっ倒しに行きます」とリベンジを誓った。