2017.08.21

 8月21日(月)愛知・名古屋の公武堂にて「Krush.79~in NAGOYA~」の一夜明け会見が行われた。

 衝撃的なKO決着が続出した昨日の名古屋大会で大トリを務めた第2代K-1スーパー・ライト級王者・野杁正明。対戦相手のディエゴ・フレイタスは序盤から足を止めて野杁と打ち合い、佐藤嘉洋・大会実行委員長も「試合が始まった時に『この選手は強い』と思った」という難敵だったが、最後はボディブロー→顔面ヒザ蹴り→右ハイキックで豪快にマットに沈めた。

 会見で野杁はガードを固めて近距離で打ち合う展開になったことを「想像とは違っていた」としながらも「あの距離なら絶対に負けないと思ったし、最後は勝手に身体が動きました」とフィニッシュシーンを振り返った。

「フレイタス選手はもっと手数が多くてガツガツくるファイターだと思っていたのですが、試合になったら近い距離でガードを固めて様子を見ている感じでした。相手が前に出て来るところにカウンターを合わせる練習をしていたので、想像と違うなと思いましたけど、それ以外は映像で見た通りの選手でした。

 今回はパンチを強化していたのですが、試合中はヒザ蹴りが当たるなと思ったし、得意の左ボディも当てることが出来ました。あの距離なら絶対に負けないと思ったし、最後のボディ3連発からのヒザ蹴りとハイキックは身体が勝手に動いて、自然に出た技ですね」

 野杁が最終戦を任された日本vs世界・3対3マッチはKANAの豪快なKO勝利に始まり、大和哲也があわやドクターストップの場面からKO勝利するという形で進み、野杁の試合を迎えた。

 野杁自身「KANAちゃんの試合は見ていてすごい試合だったし、大和選手の試合もビジョンで見ていて『2人続けてKOかよ!これで自分が判定だったら盛り上がらない』と思った」とプレッシャーを感じていたが「僕はその方が燃えるタイプ。やるしかないと思って戦ってああいう結果になりました。決して合格点をあげられる試合ではなかったけど、対抗戦の最後にKOできてホッとしています」と安堵の言葉を続けた。

 また野杁にとってはK-1王者としての地元凱旋というテーマもあった試合で「K-1チャンピオンになったからこそ倒さないといけないと思って、そこは意識して試合をしました。K-1・KrushはKOがすべてだと思うので、プレリミナリーファイトからKOが続いて、最後もKOで終わらせることが出来て、大会も締まってよかったなと思います」とK-1王者として、メインイベンターとしての責任を果たせたことに満足気な表情を浮かべた。

 今後については「K-1にも出たいし、Krushにも出たいし、去年フランスで獲ったベルトの防衛戦もやることになると思います」と野杁。「次の試合は決まっていませんが、どの大会でもいいので、僕が試合をするときには進化した姿を見せられたらいいなと思います。もっともっと名古屋を盛り上げて、来年は名古屋Krushではなく名古屋K-1をやりたいです」と更なる進化をファンに誓った。