2016.06.17

 6月17日(金)東京・大久保にあるGENスポーツパレスにて記者会見が行われ、7月18日(月)東京・後楽園ホールで開催される「Krush.67」の出場選手が意気込みを語った。

 現在、山崎秀晃が王座を保持している-65kgのトップ戦線への浮上をかけて中澤純と南野卓幸の一戦が決まった。会見は南野が所用のため欠席となり、まず始めに南野のコメントが読み上げられた。

「第4代Krush -63kg王座決定トーナメントで敗れてからの復帰戦なので、今回は何がなんでも勝ちに行きます。

中澤選手の印象は…とりあえず物凄い、怖い顔をしていますよね。あとパワーがあってガツガツくる印象があります。岩みたいですよね。

 僕は気持ちでしっかり倒しに行くので、皆さん楽しみにしていてください。勝つのは僕です」(南野)

 一方、3・20「Krush.64」でユウキ・旬をKOしている中澤は「前回そこそこいい形で勝てて、みなさんに自分のことを覚えていただけたと思います。前回のようにしっかり倒して勝って、タイトルマッチにつなげたいと思います」と王座挑戦を見据えた挨拶。

 対戦相手の南野については「同じ日に2回くらい試合したことがあってなんとなく覚えています。パンチもキックも強いんじゃないですかね」と話し「これから映像を見て、しっかり研究したいと思います」と試合までに対策を練る予定だ。

 2013年の-67kg初代王座決定トーナメントのリザーブファイトに出場して以来、あらゆる場面で「Krushのベルトが欲しい」と口にしてきた中澤。この日の会見でも改めてKrushのベルトにかける想いを語った。

「僕はずっとKrushに出たいと思っていて、-67kgの初代王座決定トーナメントのリザーブファイトで初めてKrushに呼んでもらいました。その時からKrushのベルトを獲ろうと思っているので、それ以外のことに興味がないんです。正直、僕にとってはKrush以外のベルトは価値がないと思っています。

 今、山崎選手がチャンピオンですけど、山崎選手に勝てば本当の意味で日本一になれると思います。10回やって10回勝つじゃなくて、何度かあるうちの1回を引き当てればいい。僕はチャンスの神様を引っ張ってくればいいと思っています」

 会見の最後も中澤は「試合は最高の自己中心的なことが出来る部分だと思います。だから俺のかっこいいところを見に来てくれればいいよって試合をします。7月18日、一番最高にカッコいい男になろうと思います」と熱いメッセージ。-65kg王座に向けて一直線に突き進むつもりだ。

 また-70kg Fightで対戦する廣野祐と秋元和也も会見に出席。同じ日に-70kgのタイトルマッチ=王者ジョーダン・ピケオーVS挑戦者・山崎陽一が組まれていることもあり、両者とも王座挑戦を意識した言葉で意気込みを語った。

廣野祐
「秋元選手は-70kgの若手で一番勢いがあると思いますが、相手が強豪だからこそ差をつけて勝ちたいと思います。同じ日にタイトルマッチがあることは意識しています。

 僕はピケオーが勝つと思っているし、単純にピケオーと戦いたい。こいつはピケオーに勝つんじゃないかなという試合をしたいと思います。僕はずっと世界一になりたいと思ってやってきて、まだ世界と差はあると思うけど、その差を埋めていきたいと思っています。それを試合で証明します」

秋元和也
「今、自分は3連勝中で一番-70kgで勢いに乗っていると思います。廣野選手は距離が近いスタイルで、やりづらい相手だと思いますが、その中でしっかり倒したい。

 僕は一戦一戦戦い方を変えながらやっていて、次で勝ってタイトルを狙いたいと思います。また今回はたくさんの人たちが試合を観ると思うので、勝ち負けは大事ですが、面白い試合をすることにもこだわりたいと思います」

 

選手登録