2021.02.28

 2月28日(日)都内にて、昨日開催された「Krush.122」後楽園ホール大会の一夜明け会見が行われた。

 月心会チーム侍からKrush初参戦を果たした佑典は、Krushフェザー級ワンマッチで桝本翔也と対戦。1Rから積極的に攻め、2度のダウンを奪ってTKO勝利を飾った。「パンチには自信あっても、相手が丈夫なので倒れへんかなと思ったら、思ったより効いて倒せて良かったです」とコメントした佑典。

 初参戦でKO勝利と大きなインパクトを残したが、前日の計量でも桝本に対して一触即発になるなどインパクトを残した。「煽り過ぎて結構怒られた」と苦笑いしていた佑典だが「他の月心会のキャラとは違うんですけど、僕はキャラ作ったりできんから、このままの自分のスタイルで行こうかなと思っているんですけど、ちょっとだけそこは押さえます」。

 自信のある技を、「根性ですね。気持ちは負けへんと思います」と語ったように、強気なところが持ち味のようだ。

 しかし、「僕の試合は終わったんですけど、月心会チーム侍としてはまだ大きい試合がTETSUと(椿原)龍矢と真優が残ってるんで、チームとしてこの3試合勝てるように、次は僕はサポートとしてがんばるんで、月心会チーム侍をお願いします」と、仲間思いの一面もある。

 そして目指すは地元・大阪でのK-1本戦出場だ。「これ倒したらK-1行けるみたいな相手か、もうK-1で強い相手とやれたらいいなと思っています」と、目標とする舞台を持ち前の根性で目指す。

「桝本選手は頑丈な選手なんで、簡単に倒せないと思っとって。パンチには自信あっても、(桝本は)丈夫なので倒れへんかなと思ったら、思ったより効いて倒せて良かったです。(見事なKOだったがパンチは狙っていた?)いや、狙ってたとかではないんですけど、自然に出た感じなんで。まあ、良かったかなと思います。

(初参戦のKrushという舞台に立った感想は?)ずっと映像で見とった世界なんで。この会見も映像で見とって、やっと出れた感じなのでそこはうれしいですね。今『K’FESTA』がむっちゃ注目されとって、Krushのこの大会が薄れとったんですけど、中村プロデューサーのTwitterに『こういう時こそKrushやKrush-EXは盛り上がる』って書いてあって、それで燃えました。ありがとうございます。(自分が一番自信を持っている技は?)技はないんですけど、根性ですね。気持ちは負けへんと思います。

(これからどんな活躍をしていきたい?)昨日も言ったんですけど、やっぱりK-1の大阪大会の本戦に出たいんで、そこを目指して倒していくだけなんで。(今後戦いたい相手や目標は?)戦いたい相手はこの選手っていうのはいないですけど、これ倒したらK-1行けるみたいな相手か、もうK-1で強い相手とやれたらいいなと思っています。

(同じ階級のフェザー級のタイトルマッチに関してはどう見た?)いやあ、新美選手が丈夫過ぎるっすね。斗麗くん、めっちゃ強いんで、いい試合にはなるとは思っとって、それなりにダウンの取り合いとか、ちょっと新美選手が押されるかなと思ったんですけど、全体的に見たらチャンピオン強いなっていう感じでしたね。

(これからアピールしたいところは?)前日計量で煽り過ぎて結構怒られて(苦笑)、月心会のキャラとは違うんですけど、僕はキャラ作ったりできんから、このままの自分のスタイルで行こうかなと思っているんですけど、ちょっとだけそこは押さえてやっていくのと、ある程度、一試合一試合印象に残るような試合をしていきたいですね。昨日は僕も印象に残ったんちゃうかなと思ってホテルに帰って映像を見返したら全部えぐいKOで、僕の次の試合の大野祐志郎くんが僕のKOが消えるぐらいえぐいKOだったんで、ちょっと怒っています(笑)。

(ファンの皆さんへのメッセージは?)僕の試合は終わったんですけど、月心会チーム侍としてはまだ大きい試合がTETSUと(椿原)龍矢と真優が残ってるんで、チームとしてこの3試合勝てるように、次は僕はサポートとしてがんばります。月心会チーム侍をお願いします。ありがとうございました」

 

選手登録