2020.10.22

 10月24日(土)東京・GENスポーツパレス「Krush-EX 2020 vol.2」の[Krushスーパー・ライト級/3分3R]で対戦する梅村直希と水上陽生のコメントを公開!

梅村直希
「この試合が決まった時は、楽しみすぎて興奮して眠れなかったです(笑)。対戦相手は私と同じ高校野球出身者ということで、似たような経歴からますます負けられない気持ちが出てきました。私の格闘技歴は2年で、21歳から始めました。今年8月にBigbangでプロデビュー戦を迎えました。今回の試合は相手の研究よりもミットやサンドバック、スパーリングといった基本的な練習をしてきました。私は目立ちたがり屋ですので、周りの見ている方々に対して印象に残るような勝ち方をしたいです。私のアピールポイントは相手を倒しにいく闘志です。今後の目標ははっきり決まっていませんが、沢山の方々が観ている前で色々な人を倒したいと思っています!」

水上陽生
「前からプロでやりたいと思っていたので、今回デビュー戦が決まって嬉しいです。今年はなかなか試合の機会がなかったので、明確な目標ができて気合いが入りました。対戦相手は身体が大きくて力がある選手だなという印象です。サウスポーで少しやりにくそうな気もしています。でも、練習ではサウスポーの選手を相手にスパーリングをし、ミットでもサウスポーを意識しました。また、3分3Rで試合をするのが初めてなので、最後まで持つように体力トレーニングも積みました。練習どおりにやれば勝てると思うので、熱くなりすぎず落ち着いて相手を倒しに行きたいと思います。圧倒的な力の差を見せてKOで勝ちたいです。私は19歳から格闘技を始めました。それまでは野球をしていて、格闘技経験は全くありませんでした。自分のセールスポイントは倒れない根性とスタミナです。気持ちの強さと体力は絶対に負けません。ラウンドが進むにつれて、有利な展開になっていくと思います。これからの目標は勝ちを積み上げていき、チャンピオンになることです。ベルトを獲って協力や応援して頂いている周りの人たちに、結果を形で返すというのが一番の目標です」

 

選手登録