2020.10.21

 10月24日(土)東京・GENスポーツパレス「Krush-EX 2020 vol.2」の[Krushスーパー・ライト級/3分3R]で対戦する大泉翔と稲垣柊のコメントを公開!

大泉翔
「この試合が決まって、K-1 JAPAN GROUPさんにホンマに感謝です! まだ、全然結果を残せてない中、もっとキャリアを積みたいという俺の意向に応えてくれたので。ああやこうや言う奴もおるけど、俺はまだキックでは新人ですから。対戦相手は長身でパンチも蹴りもうまいなって思います。いままでこんな若い子と殴り合ったことないので、いろんな意味で楽しみですね。この試合に向けてパンチのフォームも含め、イチからやり直しました。(どんなKO・勝ち方をしたい?)今回は……秘密です(笑)。まだ、Kのリングでは見せてない“翔タイム”になればええかなと。俺は元ボクサーなので、当時の必殺技“バーニングずみさん”をくらわせたろかなって思います(笑)。正直、俺は40歳まで現役やるつもりやから、まずはしっかりとキャリアを積んで強なっていくことが一番で、いずれ夢のベルトを巻くことが最終目標です!」
稲垣柊
「この試合が決まった時は、去年の12月から試合が空いていたので『やっとだ!』という気持ちでした。対戦相手はの印象はパワーファイターです。今回は前戦から1階級上げての初戦になるので、身体作りからやってきました。対策もバッチリです。自分の戦いを3R通して見せていきたいです。そうすれば自ずとダウン、KOに繋がると思います。自分のアピールポイントとしては、距離感、テクニックを見てほしいです。相手に当てさせずに勝つことを意識してます。ここをしっかり勝って、トップ戦線にくい込んでいきます!」

 

選手登録