2020.07.12

 7月12日(日)都内にて「Krush.114」後楽園ホール大会の一夜明け会見が行なわれた。

 後楽園での開催は3月以来、観客を入れての後楽園は2月以来となった今回のKrush。第1試合に出場した秀樹は、知良との一戦に「思っていたとおりのことができなかった」と反省をにじませた。

 しかし、相手が連発するローを食らいながらも削り合いを制して勝利。Krushとしても節目の試合となる大会で先陣を切っての勝利に「今、Krushフェザー級は空位。今日の会見にも出てくるフェザー級の選手たちに勝ってベルトを巻きたい」と意欲を語り、持ち前のタフさを武器に着実な前進を誓った。

秀樹
「(昨日の試合を振り返って)思ってた通りのことができなくて、うまくできなかったです。(その理由は?)緊張したっていうのと、倒そう倒そうと思って力みすぎて細かい攻撃が出せなかったからです。今後は細かい手数を出したりして、一発を狙わないようにしていこうかなと思ってます。

(相手のローキックには苦しめられた?)試合中は痛いとは思わず『蹴ってこい』と思ってたぐらいでしたが、終わってから『痛いなあ』と思いました。(今後の目標は?)今、Krushのフェザー級のベルトが空位だと思うんですけど、今日の会見にも出てくるフェザー級の選手たちに勝ってベルトを巻けるように頑張っていきたいと思います。(ファンの皆さんへメッセージを)これからもタフで倒れないところを見せていき、ガツガツやっていく姿を見せていくので、よろしくお願いします」

 

選手登録