2020.07.10

 7月11日(土)都内にて、開催を明日に控える「Krush.114」後楽園ホール大会の前日会見が行なわれた。

 メインイベントでKrushスーパー・ライト級王座をかけて闘う王者の佐々木大蔵と、挑戦者の近藤拳成は会見前に調印式を実施。中村拓己K-1プロデューサーとKrush Evangeristの石川直生が同席する中、調印書にサインをし、改めて会見に臨んだ。

  Krushスーパー・ライト級王者として初防衛戦となる佐々木だが、自身でも「簡単に言うとオタク」と笑うように、現在は格闘技そのものに没頭。今回の試合に向けて充実したトレーニングを積めたようだ。日々の練習で新たな技などの発想も生まれており、「明日にかけてまた新しい発想が生まれるかもしれないですし、リング上で新しい発想が生まれるかもしれない。本当に一瞬一瞬が凄く楽しみ」と、試合をすることが待ちきれない様子。近藤とのタイトルマッチに関しても、「アートを見てもらいたいと思います」と自信たっぷりに語っていた。

 一方、挑戦者となる近藤は、小学生の頃にKrushの初代王座決定トーナメントを見て以来、「ずっと夢見てきた」と語るように、Krushのベルトへの想いは人一倍強い。王者の佐々木有利という下馬評の多さにも臆することなく、「そんな強い選手に勝って、絶対にチャンピオンベルトを巻きたい」と堂々と宣言していた。

石川直生
「近藤選手の試合を見ていると、一つ一つの試合に背景とか想いがありありと伝わってくるんですよ。実況席から毎回胸をグッと熱くさせてくれるんですけど、そういうのを思わせてくれるのって、一つの才能であり魅力なんですよね。身につけようと思って身につけられるものではないんで、近藤選手、近藤兄弟の一つの強みだと思っています。キャリアの差や実績は正直、歴然なんですけど、拳に乗せた夢とか想いでそういうものを凌駕してくれる可能性があると思っています。かたやチャンピオン、佐々木大蔵選手は本当にKrushのリングで負ける姿が想像できない。そのぐらい堅く強いです。

 王者・佐々木選手にとっては挑戦者の夢とか想いは関係ないですからね。明日の試合もしっかりガードを固めて、プレッシャーを与えながら、近藤選手の心が折れたところを倒しにいく姿をイメージできるんですけど、近藤選手の想いが上回るか? 本当に緊張感のあるタイトルマッチになると思います」

近藤拳成
「押忍! 大成会館の近藤拳成です。明日は約2カ月延期になった試合ができるということで、今から凄いワクワクしています。明日は強い佐々木選手に勝って、絶対にチャンピオンになりたいと思います。応援よろしくお願いします。(Krushのベルトにはかなりこだわりがあると思うが、タイトルマッチを明日に控えて、改めてベルトに対する想いは?)小学生の頃にKrushの初代王座決定トーナメントを見て、そこからずっとKrushのベルトを夢見てやってきました。K-1のベルトも夢なんですけど、Krushのベルトも同じくらい想いがあるので、明日は絶対に獲りたいと思います。

(佐々木選手と言うと安定感と言われるが、近藤選手はそれに対して何で闘う?)しっかり対策もしてきて、研究もしっかりしているんで、今は言えないんですけど、ちょっと明日の試合を楽しみにしていてください。(試合までの24時間の過ごし方と勝負メシは?)とにかく身体の回復に専念しながら、明日のイメージをして。で、勝負メシは夜、鍋を食べに行きます…すき焼きです(笑)。

(Krushのリングでメインを飾って試合をするが、ファンの人に短く言うと、自分のどういう印象を伝えたいと思っている?)きれいごとに聞こえちゃうかもしれないですけど、元気とか勇気を僕の試合で与えられたらなと思います。佐々木選手絶対有利という声は多いんですけど、そんな強い選手に勝って、絶対にチャンピオンベルトを巻きたいと思います。(ファンの皆さんへのメッセージは?)延期になっても変わらずにずっと応援してくれた人たちにリング上から感謝を伝えたいので、明日は絶対に勝って、リング上で自分の思いを伝えたいと思います。応援お願いします」

佐々木大蔵
「本日は公開形式じゃないので、少し寂しい気持ちもあるんですが、画面越しから見てくださっている皆さん、こんにちは。いよいよKrush後楽園ホール大会が再出発ということで、明日観客も半減して行なうということなんですけど、どういう雰囲気になるかも明日になってみないとわからないです。明日一日を通して、自分でも凄く楽しみな一日になるなっていうワクワクが、この会見を行なうことで募っている状態ですね。

(チャンピオンとして近藤選手のような若い選手の挑戦を受ける心境は?)ここ最近では凄く年下の選手とやることはなかったかなとは思うんですけど、僕、あまり年齢も対戦相手の変化っていうか、ものに対して心境が変わるっていうのはなくて、今凄く格闘技、キックボクシングを追求している部分があるというか。それだけ凄く格闘技の熱……格闘技の熱っていうか、なんだろう? テクニックと言われる……なんて言うんですかね? 簡単に言うとオタク?(笑)、みたいな感じになっているので、夢中になっているって感じですね。なので、いろんな技を考えたりしていると、いきなりポッと発想が生まれたり。それを練習で試してみたりとか、そういうことを毎回毎回繰り返しているんで、明日にかけてまた発想が生まれるかもしれないですし、またリング上で発想が生まれるかもしれないんで、本当に一瞬一瞬が凄く楽しみですね。それを見てくださるお客さんや画面越しから見てくださる方々に、どういう形で伝わるかっていうものも、終わってみないとわからないんで……明日がとにかく楽しみということですね(笑)。

(今までの防衛戦と違った感情や気持ちは?)そりゃ、今までとは違う気持ちもありますけど、今はベルト云々という問題は僕の中になくて、やっぱり自分の理想とする格闘技を(見せたい)。それはゴールがあるのかもわからないですけど、とにかくどこまで自分がお客さんだったり、周りの方に伝えていけるのかなって。やっぱり今自分の中で芯の中にあるのは、良くも悪くも見ている人が僕に焚き付けられるような、周りに力を与えていきたいというものなんですよ。自分がそうだったからというのもあるんですけど、格闘技にはそういう力があると思うし、今自分の中で充実した日々を過ごせているというのがあるんで、そういう部分を僕はリングで表現したい。一人でも多くの試合を見てくれた方に、それが格闘技ではなくても、『仕事がんばろう』、『家事がんばろう』、なんでもいいんで、そういった力を与えられるような姿や時間を、皆さんにお見せできたらなと思います。だからベルトへの想いや心境の変化は一戦一戦変わってはいますね。

(試合までの24時間の過ごし方と勝負メシは?)息子が保育園から帰ってくるんで一緒に過ごすかなと思うのと、食べる物も今は減量が凄く充実しているんですよね。体重の落とし方だったり。だから、あまり食に欲求がなくて、通常通りの家で出てくるご飯を食べようかなと思っています。すみません(笑)。(Krushのリングでメインを飾って試合をするが、ファンの人に短く言うと、自分のどういう印象を伝えたいと思っている?)アートを見てもらいたいと思います。(ファンの皆さんへのメッセージは?)明日、チケットもソールドアウトということで、来ようと思っても会場に来られない方も中にはいると思うんで、明日はABEMAさん・GAORAさんでも生中継で試合が放映されますんで、画面越しからでも元気が伝わるような、そういった試合を近藤選手とリングで表現し合いたいと思いますので、明日は一日通して、ぜひ楽しんでください。ありがとうございます」

 

選手登録