2020.07.06

 7月21日(火)後楽園ホールで行われる「Krush.115」の対戦カードに関するお知らせです。

 今大会の[Krushバンタム級/3分3R・延長1R]で晃貴(日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)選手と対戦予定だった松本日向選手(日本/K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)ですが、練習後に頭痛を訴え、検査した結果、脳内出血が見られると診断されたためドクターストップにより、今大会を欠場することとなりました。

 このカードを楽しみにされていた皆様には深くお詫び申し上げます。改めてご了承のほど宜しくお願いいたします。

松本日向
「この度、練習中の脳内出血という怪我により、ドクターストップになってしまいました。対戦相手の晃貴選手、本当に迷惑をかけてしまって申し訳ありませんでした。自分のなかで調子も良くて、いい環境で練習させてもらえていたので、試合ができなくてすごく残念です。今は安静にしている状態で、早くリングの上で元気な姿を応援してくださるみなさんに見せられるようにしたいと思います。これからも応援よろしくお願いします」

 なお松本選手の欠場に伴い、対戦カードが以下に変更となります。

[-54kg契約/3分3R・延長1R]
晃貴(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)
vs
黒田斗真(K-1ジム心斎橋チームレパード)

晃貴
「対戦相手が変わってしまいましたが、気持ちを切り替えて用意された相手を潰しに行きたいと思います。(対戦相手の印象は?)上手い選手だと思いますが、僕が勝ちます。やっぱり晃貴は強いなと思わせる試合をしたいです。この試合に必ず勝って、また這い上がります。そして必ずK-1のトップファイターになります」

黒田斗真
「(オファーをもらった時の心境は?)おいしい相手なので、勝って名前を売るチャンスだなと思いました。晃貴選手は気持ちが強くてガンガン前にくる選手という印象ですが、その気持ちを折ってやりたいと思います。何もさせずに圧倒します。(自分のどこをアピールしたい?)入場から退場まで全てに注目してほしいのですが、1番注目してほしい点は最軽量級のスピードです。ここでしっかり良い勝ち方をして必ずKrushのベルトを獲ります。応援よろしくお願いします」