2020.03.29

 3月29日(日)都内にて「Krush.112」の一夜明け会見が行われた。

 K-1甲子園王者vsK-1カレッジ王者&格闘代理戦争卒業生となった多久田和馬と松本日向。デビューから無敗同士の対決でもあった一戦は、松本が1Rに右のパンチで3度ダウンを奪う鮮烈なKO劇で多久田を下した。

 一夜明け会見で松本は「多久田選手と試合が決まって、自分が練習で強くなれたことを実感した」と語り、今後については「自分はまだまだなんでもっとしっかり練習します」と謙遜しながらも「強い選手とやると決まったら練習をもっと頑張れるし、もっと強くなれると思う。強いバチバチな選手とやりたいです」とさらなる強敵との対戦を歓迎した。

松本日向
「昨日の試合はもっと厳しい戦いになると思ったんですけど、自分がリラックスしてセコンドの声も全部聞こえてたし、力が抜けて戦えたかなと思います。(新鋭対決でKO勝ち出来たことについて)今回の試合で自分はKOをあまり意識しないようにしようと思っていて、KOを意識すると粗も出るし、逆にカウンターも食らってしまうと。第1試合と第2試合がKOで決まってるし、ちょっと力むところはあったんですけど、いつも教わってるように身体を残すことを意識して戦えたのでこの結果につながったかなと思います。

(ダウンシーンで残心も見せていたが空手対決という意識もあった?)はい。本当は極真時代の先生が試合を見に来てくれるはずだったんで。自分は極真で育ってきたっていうのを伝えたかったのもあってやりました。(バンタム級戦線でも急浮上したと思うが?)自分はまだまだなんでもっとしっかり練習して。今回多久田選手と試合が決まって、すごく自分が練習で強くなれたことを実感していて。強い選手とやると決まったら練習をもっと頑張れるし、もっと強くなれると思うので、やっぱり強いバチバチな選手とやりたいです。

(プロ3戦目で今までと違った部分は?)今回の試合は自分の中でまた新しい気持ちで挑もうというのがあって。デビュー戦と2試合目と同じ相手だったし、代理戦争からのつながりだと思っていたんで。今回はデビュー戦ぐらいの気持ちで行こうと思っていて、その気持ちの違いがやっぱりあったのかなって思います。(格闘代理戦争出身で実際に戦った橋本実生がKOしたのは意識した?)意識せざるを得なかったですね。KOで自分もつなげなきゃっていう気持ちはなかったんですけど、やっぱり実生くんがKOしたから俺もしっかり魅せなきゃなって一気に力が入りましたね。

(いつも入場でお客さんにアピールしているが無観客試合でどうしようと思った?)昨日は本当にめったにない機会だって先輩たちに言われてて『ちゃんとやりきれ』って。『俺には観客が見えてるぞ』って先輩たちみんなに言われて(笑)。やっぱりみんなが見えるぐらい盛り上げていつも通りやれって先輩たちにけっこう煽られました。本当はKOとか生で見せたいと思ったんですけど、こういう時だからこそ画面越しにみんながしっかり喜んでくれたり、頑張ろうと思ってもらえたら自分はすごく嬉しいです。

(ファンのみなさんにメッセージは?)昨日は応援本当にありがとうございました。すごい力になったし、画面越しからでもやっぱり届きました。これからもっともっと頑張って、もっともっとシルバーウルフの先輩たちや大宮司さんにお世話になって強くなるので、しっかり応援お願いします」