2020.03.29

 3月29日(日)都内にて「Krush.112」の一夜明け会見が行われた。

 昨年12月のタイトル挑戦からの再起戦となった山本直樹は延長にもつれ込む接戦の末に佐野天馬に判定勝ち。一夜明け会見では苦戦を強いられた試合内容を反省しつつ、今後再びベルトに挑戦するために「誰が見ても『この選手はタイトルマッチに相応しい』と思わせるためにはKOで勝ち続けて行くことだと思うので、しっかり倒して勝てるようにやっていきたい」と倒して勝つ姿を見せていきたいと語った。

山本直樹
「昨日は対戦してくださった佐野天馬選手ありがとうございました。そして昨日1日サポートしてくださったみなさん、AbemaTVで応援してくれたみなさんありがとうございました。です。(試合前はノビノビ戦いたいと語っていたが?)今回は初の無観客試合ってことでお客さんも会場にいなくて、余計ノビノビ戦えるかなって思ったんですけど、やっぱりリングに立つと熱くなっちゃったり、練習してきたことが出せなくて、まだまだ練習一杯しないといけないなと思いました。

(再びベルトに辿り着くために今後自分に必要なものは?)やっぱり誰が見ても『この選手はタイトルマッチに相応しい』と思わせるためにはKOで勝ち続けて行くことだと思うので、しっかり倒して勝てるようにやっていきたいと思います。

(延長戦になった時の気持ちは?)本戦で勝ったとは自分も思ってなかったんで。この試合は負けるわけにはいかないんで、延長では何が何でも倒しに行こうと思って前に出て、結果がついたんで良かったです。でも本戦でしっかり誰が見ても勝ったなと思うような試合内容をしないといけないですね。

(延長戦の前にセコンドからはどんな声をかけられた?)兄貴(山本優弥)からも『前に出て倒しに行け!』って言われたんで。それで背中を思いっきり殴られてけっこう痕が出来てるんで(苦笑)。次はまあ殴られないように自分の実力でしっかり勝ちたいと思います。(ファンのみなさんにメッセージは?)昨日はAbemaTVからたくさんの応援ありがとうございました。次は生で見てもらえるようしっかり練習してもっと強くなるんで、これからもよろしくお願いします」