2020.02.25

 2月25日(火)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて「Krush.111」の一夜明け会見が行われた。
 
「格闘代理戦争」を経てプロデビューし、3連勝を狙う岡嶋形徒はベテランの倉崎昌史と対戦。序盤から伸びのある右ストレートとヒザ蹴りで果敢に攻め、2Rにはその右ストレートでダウンを奪うも、後半からスタミナが切れたか口が開き始め、3Rは倉崎に押し込まれる展開となったが判定で勝利した。

 会見でも「1R、2R目は動けたんですけど、3R目ですごいバテちゃったんで駄目でした」と課題の見えた試合だったと振り返った岡嶋。課題と収穫もあった中で今後は「KrushとK-1で一番になる」とはっきりと明言。「今年はもっとKOにこだわって全勝でいく」と、魅せる試合をしながら連勝で駆け上がると今後の意気込みを語った。

岡嶋形徒
「昨日の試合は1R、2R目は動けたんですけど、3R目ですごいバテちゃったんで駄目でした。(倉崎の印象と、試合全体を振り返ってどう感じた?)やっぱりベテランだったので、3R目にすごいペースを持ってかれてバテました。でも課題が見えたので次に活かします。(課題はスタミナというよりペース配分?)そうですね。全部全力で打っちゃうので、単発じゃなくてもっとコンビネーションとか練習してやっていけたらなって思ってます。(バックステージでは『一番になる』と目標を語っていたが、Krushの一番になるということ?)KrushとK-1です。

(先輩の伊澤波人や桝本翔也もベルトを狙うと宣言しているが、自分も気後れすることなく狙って行きたい?)はい、狙って行きたいです。(2020年の目標は?)去年も全勝だったので今年も全勝で、今年はもっとKOにこだわって勝ちます。(3試合やってプロで感じたものは?)アマチュアの選手とは違って、すごい気持ちが強いと思いました(自身の変化は?)自分は徐々に緊張が慣れてきたぐらいですね。まだ緊張します(苦笑)。(ファンのみなさんにメッセージは?)昨日は応援してくださりありがとうございました。あんまり良い試合は出来なかったんですけど、今年はKOを狙って一番になるんで応援よろしくお願いします」

 

選手登録