2020.02.25

 2月25日(火)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて「Krush.111」の一夜明け会見が行われた。

 11カ月ぶりのKrush参戦となったBigbang王者の林京平。序盤はスーパーアンジの独特な動きに戸惑いも見られたが、左フックでダウンを先取すると、その後はパンチの連打から左ボディで2度のダウンを加え、1RKOでKrush復帰戦を勝利で飾った。

 一夜明け会見では「KOで勝ててよかったけど、ちょっと(KOを)狙い過ぎちゃった部分があった」と自分の動きを反省。試合後のバックステージではフェザー級転向を明言していたが、改めて「今年は絶対ベルトを獲ると決めている。フェザー級のトップ戦線で戦っていきたい」とフェザー級でのベルト奪取に意欲を見せた。

林京平
「昨日の試合は想定内と違う動きを相手がしてきたんで、ちょっとやりづらかったけどKOで勝てて良かったです。自分の動きは狙い過ぎちゃった部分があったんで、出だしは上手く行かなかったかなって思います。(湘南格闘クラブに移籍してレベルアップしている実感は?)蹴りもパンチも何でも出来るようになったかなと思います。あとは試合運びとかディフェンス面も良くなってきたかなと思います。

(試合後はフェザー級転向を表明していたが、戦ってみたい相手は?)特に戦ってみたい相手はいないんですけど、今年は絶対Krushのベルトを獲ると決めています。トップ戦線で戦っていけたらなと思ってます。(次はベルトにつながるような相手とやりたい?)はい。出来ればお願いします。(ファンのみなさんにメッセージは?)昨日もKOで勝てたんですけど、これからもしっかりKOを見せられるようにしていきますんで、良かったら応援お願いします」

 

選手登録