2020.02.25

 2月25日(火)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて「Krush.111」の一夜明け会見が行われた。

 休憩明けの第6試合で中島千博と対戦し、ハイレベルな打ち合いの末に勝利を収めた横山朋哉。一夜明け会見では「とにかく試合が楽しかった」と中島との好勝負を振り返り「今回はメンタル強化と笑顔を忘れずに戦うことを意識して練習していた」と勝因を分析。

 今後の目標として20歳での王座戴冠を掲げると「兄が負けた西京佑馬選手?やりたいですね。あとは大岩龍矢選手も兄ちゃんが敗れているので、弟の自分は“負けねえぞ”っていう気持ちがありますね。あとは中村プロデューサー次第です!」とスーパー・フェザー級のトップファイターを次なる標的にした。

「昨日は中島選手、POWER OF DREAMの関係者の方々ありがとうございました。試合を振り返ってとにかく試合が楽しかったということしか覚えてないです。(それだけ強敵だった?​)そうですね、中島選手は空手出身でローが重たかったです。でもパンチの打ち合いにも来てくれたので、ほんとに3Rはめちゃめちゃ楽しかったですね。もちろん中島選手が強いのは分かっていたので、練習でも気合いが入っていたので期待通りの強さでした。​

(どんなことを意識して練習していた?)​練習はメニューはそんなに変えていないですけど、練習中に笑顔を忘れずやっていました。あと気持ちを強く持つために、メンタルの強化と笑顔を忘れずにっていうのは意識していました。​(なぜ笑顔を意識した?)​武尊選手も打ち合ってる時に笑顔で楽しそうにしてるじゃないですか。辛い時こそ笑顔っていうので、試合でもそうですけど辛い時は楽しまなきゃと思って、意識していました。​

(最後に決定的な場面を作ることができたのはメンタルの成長があったから?)​そうですね、最後は行くしかないと思って、中島選手も来てくれたので打ち合って。僕はダウンだと思ったんですけど、ダウンじゃないとレフリーに言われちゃったんですけど……まぁでも、とりあえず勝てたのでよかったです。​(また中島とは戦うかもしれないが)またやるんじゃないですかね。中島選手もここからまた上がってくると思うので、僕も“またやっても負けねぇぞ!”っていう気で、また面白い試合ができればと思います。​

(前日会見で井上尚弥選手の本を読んでいるといっていたが?)​まだ全部は読んでいないんですけど、井上選手は試合中に冷静に…ということを意識しているらしくて、僕もそうだなと思いました。今回の試合は冷静に・あまり焦らないことを意識していたので、とりあえずそれはクリアできたかなと思います。今回は試合前からすごくワクワクしていて、緊張するとか全くなくて、とにかく楽しみで、常に冷静に戦うことを意識していました。チャンスが来た時だけ行こうと思っていたので、その面では冷静にできていたので楽しかったですね。​

(今後、戦ってみたい相手は?)​戦ってみたい相手っていうのは特にないんですけど、知名度がある選手とは戦いたいですね。自分は20歳までにベルトを巻きたくて、ここがチャンスなのでベルトは狙っています。(例えば兄の横山巧が負けた西京佑馬は?)やりたいですね。あとは大岩龍矢選手も兄ちゃんが敗れているので、弟の自分は“負けねえぞ”っていう気持ちはありますね。常に意識はしています。あとは中村プロデューサー次第です(笑)。​

(ファンのみなさんへのメッセージは?)K-1 OUTSTANDINGのCMで僕の試合の告知が抜けていたのが悔しくて、試合で巻き返そうと思って戦いました。中島選手も強くて倒せなかったので、次はKOしてCMでも告知してもらえるように頑張ります。これからも応援よろしくお願いします」

 

選手登録