2019.12.21

 12月20日(金)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて記者会見が行われ、1月25日(土)東京・後楽園ホール「Krush.110」の第2弾対戦カードが発表された。

 先日の12.15Krush後楽園ホール大会で、自ら志願しての4年2カ月振りのKrush参戦が発表された山崎秀晃。「対戦相手はまだ決まってないですけど、プロ・アマ問いませんので、俺の首を刈りたいという根性のある奴はぜひ立候補してくれたら歓迎します」と挑戦者を募り、中村プロデューサー曰く数多くの立候補があったという。その中でSNSで即座に反応し「山崎秀晃選手に新生Krushの厳しさを教えたい」と現在のKrushを見せると立候補した堀井翼が、山崎の対戦相手に選ばれた。

 堀井は「この試合は本当死んでもかまわない」とシリアスに覚悟を見せつつ「(山崎)パン祭りだけ気をつければ俺のラッキーパンチで倒しちゃうかなって感じ」といつもの堀井劇場を展開。さらにヘリウムガスを吸いながら「俺は股間王なんで、ゴールデンフィストvsゴールデンボールのゴールデン対決」と堀井節を炸裂させた。

 対する山崎は会見の冒頭で「Krushの時は本当に後楽園でしか生み出せないものもありましたし、あそこでしか聞けない地鳴りのような歓声もあった。またそういうのも体感したいと思いました。新年一発目というところでロゴ表記も新たにということで『ここは俺に出させてください!』って気持ちでしたね」と、自らの歴史を築いてきたKrushへの想いを熱弁。堀井のパフォーマンスには苦笑いを浮かべながらも「皆さんの心中を察して一撃で沈めます」と一撃KOを宣言した。

堀井翼
「股間王の堀井翼です。この試合は本当死んでもかまわないし、倒しに行く勢いで行かないと勝てないから、倒しに行く勢いで向かって行こうと思います。山崎選手は最近Krushに出てないんで、(山崎)パン祭りだけ気をつければ俺のラッキーパンチで倒しちゃうかなって感じですね。(ラッキーパンチの精度が最近は下がっているが?)山崎選手のためにここまで精度を下げたんで、ここでちょっと山崎選手に当てちゃうのが、まあ俺かなと思います。

(山崎のゴールデンフィストには何で対抗する?)俺は股間王なんで、ゴールデンフィストvsゴールデンボールのゴールデン対決。まあ引けない戦いになると思うんで頑張って行こうと思います。(会見前のフラッシュバック=睨みつけに対して山崎に優しく頭を支えられていた時はどう思った?)ヤバイ、このままだと(山崎)パン祭りにされてしまうと。(ファンの皆さんへメッセージは?)今俺You Tuberになったんですけど『股間王・堀井翼のラッキーパンチチャンネル』、みんなチャンネル登録よろしく!それでは!」

山崎秀晃
「今回こうやってKrushとロゴが戻ってくるということで参戦を表明させていただいて、その中で対戦相手を募集という形で中村プロデューサーとも相談した結果、一番早くに名乗りを挙げてくれた堀井選手に相手が決定しました。誰よりも早く名乗り出てくれて、本当に正直男気のある選手やなと想ったし、僕がまずこのKrushの舞台に立つということで、Krushに戻ってきたというところをみんなアピールしたいところです。堀井選手は倒すか倒されるかって言ってますけど、確実に倒しに行きます。公開処刑にします。

(Krush出場を志願した時の想いは?)最近はK-1 KRUSH FIHGTっていう名称になって、正直少し寂しい気持ちもありました。興行としては凄い成り立っていて、若い選手もそこからK-1に上がったりとかもしてたんですけど、K-1 KRUSH FIHGTはK-1の下部組織のような位置付けに見えて、僕がやってきたKrushとは違う形になってたんで。Krushの時は本当に後楽園でしか生み出せないものもありましたし、あそこでしか聞けない地鳴りのような歓声もあった。またそういうのも体感したいと思って。新年一発目というところでロゴ表記も新たにということで『ここは俺に出させてください!』って気持ちでしね。

(対戦相手が堀井に決まったと聞いた時の心境は?)僕はタイトルに向けてトレーニングしてたんで、正直戦績とかの意味では僕の独壇場になるようにしないといけない対戦相手だと思ってますし、そういう意味ではまず勝ち方でしっかりアピールしていくことが重要なんじゃないかなと思います。こいつにはマジで敵わへんなっていうような勝ち方でクールに倒したいと思います。

(一連のパフォーマンスを見てどう思った?)そうですね。やっぱ試合なんで、皆さんの心中を察して一撃で沈めます。(ファンの皆さんへメッセージは?)Krushのロゴが戻ってきて一発目、2020年一発目ということでしっかり決めます。ふざけた野郎を確実に一撃で仕留めますんで、ぜひ山崎秀晃を後楽園ホールに体感しに来てください」